REPORT

堤SXSWへ行く – Day10 –

2017.03.22

堤 大樹堤 大樹

2017年03月18日

 

オースティン滞在最終日。Musicのピークも過ぎたため、見に行くライブは夜にいくつかを予定していただけ。初日以来のんびりお昼前まで寝て、昼過ぎにダウンタウンへ向かう。日中はトレードショーと引き換えに始まった、Convention Centerの”Art”と”Game”も折角なので雰囲気だけでも覗いておきたいところだ。

 

電車でダウンタウンへ向かったのだが、すでに昨日にくらべると聞こえてくる音楽が少し少なくなっており、場所によっては片付けまで始めていて寂しい気持ちになる。まずはConvention CenterのPress Suitで水分補給をして、1階のArtとGame会場へ足を運ぶ。前日までと違い、見た目がナードでコスプレをしているような人種がものすごく増えていた。

 

 

 

 

 

14日までトレードショーが行われていた1階の巨大な会場はパーテーションで大きく2つに区切られており、それぞれ半分ずつがArtとGameに分けられていた。Artの会場は各種ファッションや、グラフィックデザイナーのポスターが貼り出されている。中にはVampire Weekendのポスタービジュアルを作成したような、大物のデザイナーもおり、出店はかなり厳選されている様子だった。欲しいポスターもたくさんあったが、折り曲げずに持って日本に帰るのが困難なため購入は断念。気になるアーティストだけ名前をメモしておく。

 

 

 

ArtとGameの会場は繋がっていないため、一旦会場を出てGameの会場へ向かう。ちなみにArtに関しては入場はフリーで、Gameはリストバンドが必要なようだが、バッジがあればどの基本的にバッジでも入場は可能だ。中に入ると、ゲームセンターみたいな光景が目の前に広がっていた。親子でレトロゲーに興じる人もいれば、VRゲームに没頭する人もいる。さらにビデオゲームだけでなく、トレーディングカードゲームや、ボードゲームなども揃っており、ゲームと名の付くものはなんでも揃っていた。日本と違い子供もいれば大人も女性もいる。Nintendo Switchはやはり大人気で、中でもゼルダと、マリオカートの大会は常に人がたくさんいた。

 

 

 

一通り回ったらお腹が空いていたのでご飯を食べることにする。アメリカらしい肉肉しいものをまだ一度も食べていなかったので、Convention Center近くにあるIron Wroks BBQへ向かう。30年ほど続いているお肉屋さん (この言い方で正しいのだろうか) で、各種肉料理が食べられるレストランだ。昔ながらの建物は雰囲気があるし、川沿いに建っているのでテラス席は午後の風が心地よい。一般的なプレートは肉一品に加え、サイドメニューを2つ選ぶことができ、食パンが一枚付いてくる。値段は大体10$~20$くらい。

 

 

 

 

 

Waterloo Recordsでのライブ会場も見てみたかったため、歩いて移動をする。歩いていると半袖でも、汗をかくほどにはこの日は暑かった。そんなに大きなライブ会場をイメージしていなかったのだが、駐車場に馬鹿でかいライブステージが組み上がっていて驚いた。メンツも豪華だし、もちろんフリーだし言うことなしである。ただライブ終わりは一斉に人が移動するので、歩道はカオスだったが。

 

 

 

 

 

最後にライブを見る前に腹ごしらえをしておく、初日から気になっていたAustin Taco Projectにてタコスの食い納めをする。ヒルトンホテル直結で、少し高いが品がよく、サービスもしっかりしているレストランだったが、タコス自体はわりと手頃な値段で、味もばっちりだった。

 

 

 

 

食後はthe Rootsを見に行こうと会場に向かったが、入場待ちの列が2ブロック先まで伸びるほどの行列で泣く泣く断念。代わりに”Russian House”へ向かい、タブラとシタールのユニットIndrajit Banerjeeを見る。これまで電気によって増幅された大きな音ばかり聴いてきたので、生の音が耳に優しい。そのまま近所のSports (Barracuda) → Octopus Project (Blackheart)と移動。全てを見終わったあとは26:30の終電に乗ってホテルへ帰った。

 

 

Octopus Project

 

 

朝一番の飛行機だったため、そのまま寝ずに空港へ向かい、日本へ無事に帰国した。長かったようであっという間だった。また感じたことをまとめていきたい。

 

 

今日見たバンド

 

Indrajit Banerjee

 

Sports

 

Octopus Project

 

 

堤SXSWへ行く

 

1日目:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day1/

2日目:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day2/

3日目:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day3/

4日目:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day4/

5日目:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day5/

6日目:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day6/

7日目:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day7/

8日目:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day8/

9日目:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day9/

10日目:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day10/

番外編:https://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_extra/

GOODS

トップへ