ドイツの音楽マガジン『RISIKO』がクラウドファンディングを実施!

2020.11.13

阿部 仁知阿部 仁知

ドイツのアンダーグラウンド / オルタナティヴな音楽シーンの「今」を紹介するベルリン拠点のインディペンデントマガジン『RISIKO(リジコ)』が、創刊号へ向けたクラウドファンディング「Support RISIKO magazine」を11月29日(日)まで実施中。

 

「WALL(壁)」をテーマとした創刊号では、ドイツ在住のミュージシャン30組をピックアップ。ダモ鈴木(CAN)やMichael Rother(NEU!)、Robert Görl(DAF)といった大御所ミュージシャンから、2019年に初来日を果たしたIsolation Berlinなど現行の若手バンドまで参加している。その他レジェンドからアップカミングな新人まで、プライベートな素顔や最近のこと、思い出の話に迫るインタビューや寄稿文、連載コラムも充実している。

集まった支援金は創刊号の制作費などへ回されるほか、支援者にはオリジナルトートバッグやTシャツなど支援金額ごとのリターンが用意されている。創刊号は12月にドイツ、1月に日本でリリース予定。参加ミュージシャンによる応援メッセージも必見だ。

 

知っているようで知らないドイツの音楽シーンの生の声を現地ベルリンから後世に残すべく産声を上げる『RISIKO』。その瞬間にぜひとも立ち会おうではないか。

RISIKO magazine

 

 

クラウトロック、ノイエ・ドイチェ・ヴェレ、ハンブルガー・シューレ、 そして現在まで。ドイツのアンダーグラウンド / オルタナティヴな 音楽シーンの「今」を紹介するインディペンデントマガジン。

 

創刊号「RISIKO Issue 1」参加ミュージシャン

 

Damo Suzuki(CAN)/ Michael Rother(NEU!)/ Moritz R(Der Plan)/ Robert Görl(DAF)/ Frank Z(Abwärts)/ Gudrun Gut(Malaria!)/ Östro 430 / Alexander Hacke(Einstürzende Neubauten)/ Thomas Fehlmann(Palais Schaumburg)/ WolfgMüller(Die Tödliche Doris)/ Andreas Dorau / Frank Spilker(Die Sterne)/ Stereo Total / Jan Müller(Tocotronic)/ King Khan / Melissa E. Logan(Chicks on Speed)/ Chuckamuck / Jaakko Eino Kalevi / Mary Ocher / Eastie Ro!s / Camera / Erregung Öffentlicher / Erregung / Fenster / Isolation Berlin / Friends Of Gas / Kyotaro Miula(Minami Deutsch)/ International Music / GYM Tonic / Swutscher / Jealous

 

発行:年2回
判型:W182mm × H257mm
頁数:50 ページ(TBA)
言語:日英バイリンガル

 

Instagram:https://www.instagram.com/risikomagazine/
Facebook:https://www.facebook.com/risikomagazine
Twitter:https://twitter.com/risikomagazine
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCyhhWTm2cTgWu7x0WzMY19w/videos

GOODS

トップへ