NEWS

すばらしかが配信シングル『最後のロックンロール / 彼女は搾取されている』をリリース

2020.04.27

峯 大貴峯 大貴

東京を拠点に活動する4人組、すばらしか。ブルース、ファンクを抱擁しながら、有象無象を孕んだ孤独哀愁を入り交じらせたロックンロールを、ふてぶてしく放っていくそのスタイル。筆者は一発で魅了されてしまい、2018年の1stフルアルバム『二枚目』のインタビュー時には「東京ハードボイルド・ヒッピー、すばらしか。さぁ、明日に向って撃て!」なんてついつい威勢よく啖呵を切ってしまったのだ。

 

 

『二枚目』リリース以降、KING BROTHERSとの対バンツアーや、京都で行われた『第2回 うたのゆくえ』などトピックとなるライブはいくつもあれど、その活動は極めてマイペース。しかしそのステージを見るたびに、毎度そのセッション主体の演奏に驚かされるのだ。福田喜充(Gt / Vo)がメンバーに手ぶりで指示を出しながらギターを弾きまくり、加藤寛之(Ba)がバンドのグルーヴを取りまとめていく。最近では林祐輔(Key / Vo)の存在も際立っており、福田とほぼイーブンにボーカルを取るようになっている。林の詞曲による“嘘は魔法”は当初のアレンジからどんどん発展していき、Sly & The Family Stone(スライ&ザ・ファミリー・ストーン)“Thank You”になだれ込んでいく痛快なステージングには思わず興奮させられた。

 

昨年末には林がソロ名義、”ゆうやけしはす”としてアルバム『ニュー・ニート登場!!』を発表したことも記憶に新しいが、本作は2年ぶりのすばらしかとしてのニュー・ソング、配信両A面シングルとなる。福田によるストレートなガレージ・ロック“最後のロックンロール”、林の筆によるピアノ・ファンク“彼女は搾取されている”。繰り返されるセッションの中で産み落とされたようなシンプルなアンサンブルと、ざらついた音像。そしてその根本に息づくポップな歌心が一層研ぎ澄まされていることがわかる、すばらしかの不定期ロック・ダイアリーといえる作品だ。

 

ジャケットには俳優の高畑裕太を起用し、また林が手掛けた2曲のミュージックビデオも同時に公開。そのハードボイルドな世界は今も着実に拡張を見せている。

すばらしか『最後のロックンロール / 彼女は搾取されている』

 

 

収録曲

1.最後のロックンロール

2.彼女は搾取されている

 

各種配信リンク:https://linkco.re/VvR5zeqR

すばらしかTwitter:https://twitter.com/subarashika

GOODS

トップへ