【3×3 DISCS】Mahjong Room(2018年)
Ginger Root

2020.04.07

アンテナ編集部アンテナ編集部

1枚のアルバムを中心に、影響を受けてきた・もしくは与えたアルバムを周りに並べることで、そのアルバムが内包する音楽の体系的な理解を目指す企画【3×3 DISCS】。

 

今回中心に置いたアルバムはイハラカンタロウ『C』。本記事は本作のバックグラウンドにあたるアルバム8作品をイハラカンタロウ本人が選定・解説したレビューの一つです。

いまUSインディーの中でも特に注目しているミュージシャン、Ginger Root(ジンジャー・ルート)、本名Cameron Lew(キャメロン・ルー)。演奏やミックス、ミュージックビデオの監督に至るまで自分一人でやってのける、にも関わらずリリースのペースがとても早い。すごすぎます。

 

音楽性は70年代ソウルミュージックをベースに、2010年代のチルウェイヴを見事に織り交ぜています。彼の出身、カリフォルニアはウェストコーストの色味をひしひしと感じるのですが、曲によってアーバンなものもあり、広い層の音楽ファンに好かれそうなミュージシャンだと思います。何故に知名度が低いのでしょう、僕は大ファンです。

 

“mont-age”(M-8)では“Shmoopie”の全体的なノリやBメロへの展開などを参考にさせていただきました。今後はもっと彼のようにスマートな楽曲作りができますと本望です。

寄稿者:イハラカンタロウ

 

 

1992年7月9日生まれ。埼玉県川越市出身。

2016年よりアコースティックギターでの弾き語りを中心とした音楽活動をはじめる。ソロ名義の他”イハラカンタロウ楽団”名義のバンド編成でもライブを行っている。自身が多大な影響を受けた「オールディーズ・バット・グッディーズ」なポップスに倣い、これから先も、いつになっても聴ける楽曲づくりを理念としている。

 

Webサイト:https://cantaro-ihara.tumblr.com/

Twitter:@cantaro_ihara

【3×3 DISCS】:イハラカンタロウが語る『C』を中心とした9枚のアルバム

Leroy Hutson - Closer to the Source (1978年)
Curtis Mayfield - Something to Believe in (1980年)
Norman Connors - Take It to the Limit (1980年)
大貫妙子 - MIGNONNE (1978年)
イハラカンタロウ - C (2020年)
シュガー・ベイブ - SONGS (1975年)
Bill LaBounty - Bill LaBounty (1982年)
Zac Apollo - Loveset (2018年)
Ginger Root - Mahjong Room (2018年)

【3×3 DISCS:イハラカンタロウ『C』】に戻る 〉

GOODS

トップへ