【3×3 DISCS】MIGNONNE(1978年)
大貫妙子

2020.04.07

アンテナ編集部アンテナ編集部

1枚のアルバムを中心に、影響を受けてきた・もしくは与えたアルバムを周りに並べることで、そのアルバムが内包する音楽の体系的な理解を目指す企画【3×3 DISCS】。

 

今回中心に置いたアルバムはイハラカンタロウ『C』。本記事は本作のバックグラウンドにあたるアルバム8作品をイハラカンタロウ本人が選定・解説したレビューの一つです。

僕の勝手なイメージですが、大貫妙子さんの曲には懐かしい風が吹いている気がします。哀しみや諦めのような、黄昏や孤独、全て飲み込んで未来に目を向けているかのような、まるで夏の終わりの風に吹かれているような気持ちになります。どうしてこんなに美しくノスタルジーを表現できるのでしょう。

 

“湯舟”(M-4)の作曲当時、“横顔”という曲をいくら聴いたか分かりません。こういった目まぐるしくコードが変わる曲を書こうと思い立ち、この曲以上にコードチェンジを増やしてしまい、結果バッキングがとても難しい曲となってしまいました。

 

それにしても『MIGNONNE』は本当に素晴らしいアルバムです。“グッド・バイ グッド・デイズ”(M-3)のリードギターは、同アルバム収録の“突然の贈りもの”の松木恒秀さんのプレイを大変参考にさせていただきました。

寄稿者:イハラカンタロウ

 

 

1992年7月9日生まれ。埼玉県川越市出身。

2016年よりアコースティックギターでの弾き語りを中心とした音楽活動をはじめる。ソロ名義の他”イハラカンタロウ楽団”名義のバンド編成でもライブを行っている。自身が多大な影響を受けた「オールディーズ・バット・グッディーズ」なポップスに倣い、これから先も、いつになっても聴ける楽曲づくりを理念としている。

 

Webサイト:https://cantaro-ihara.tumblr.com/

Twitter:@cantaro_ihara

【3×3 DISCS】:イハラカンタロウが語る『C』を中心とした9枚のアルバム

Leroy Hutson - Closer to the Source (1978年)
Curtis Mayfield - Something to Believe in (1980年)
Norman Connors - Take It to the Limit (1980年)
大貫妙子 - MIGNONNE (1978年)
イハラカンタロウ - C (2020年)
シュガー・ベイブ - SONGS (1975年)
Bill LaBounty - Bill LaBounty (1982年)
Zac Apollo - Loveset (2018年)
Ginger Root - Mahjong Room (2018年)

【3×3 DISCS:イハラカンタロウ『C』】に戻る 〉

GOODS

トップへ