NEWS

バカがミタカッタ世界。が新作EP『式』を配信リリース

2020.03.27

峯 大貴峯 大貴

滋賀県出身、京都を拠点に活動している谷口未知(Vo)とフルイケナツキ(Key)による音楽ユニット<バカがミタカッタ世界。>が、3月27日(金)に新EP『式』を配信でリリースした。ドラムにsenoo ricky(LLama・折坂悠太(重奏)・YeYe・山本精一など)、レコーディング・ミックス・マスタリング・コーラスに吉岡哲志(LLama・Sawa Angstrom)を迎えて制作されている。

 

M1“春はあけぼの”は茶道の季節を重んじる文化から着想を得たという通り、茶葉にお湯を注ぐところから始まり、次第に桜の景色に移り変わっていく歌詞の情景が鮮やかだ。1つのパターンを反復していくシンプルなメロディと、演奏はドラムとキーボードのみという絞り込まれた音像とタイトなビート。そのミニマルな構成によって、さらに情景の想像が風通しよく広がっていくではないか。以降もsenoo rickyの叩くジャンベと重層的なコーラスが混じり合う音像に耳惹かれるM5“話をするまでは”を始め、アンビエントやエレクトロニカの要素を彼女たちの手法で楽曲に織り込んだ全5曲が収録されている。

EP『式』

 

 

2020年3月27日より、Apple Music、Spotify 等、各種配信サービスにて配信

 

バカがミタカッタ世界。

 

 

滋賀県出身の高校からの同級生2人、谷口未知(Vo)とフルイケナツキ(P)による音楽ユニット。フォーク・アンビエント・エレクトロニカなどの要素を取り入れ制作している。

 

2人のみのユニット編成だけでなく、コーラス隊やベース(コントラバス)やドラムなどのサポートミュージシャンを従えたり、コンテンポラリーダンスやVJとのコラボなど、聴くもの観るもののイマジネーションを最大限刺激するそのパフォーマンスは、若手ながら耳の肥えた京都のオーディエンスを圧倒し、また他のミュージシャンやバンドからも絶大な支持を集めている。

 

Webサイト:https://bakagamitakatta.wixsite.com/sekaii

Twitter:@bakagamitakatta

GOODS

トップへ