EVENT

Wet Floor Vol.2〜Deck E 2nd EP「encounter EP」Release Party〜

2019.10.31

岡安 いつ美岡安 いつ美
12月11日(水)に、大阪の3ピースバンド・Deck Eが2枚目となるEPを前作と同じくFLAKE RECORDS主宰レーベル・FLAKE SOUNDSよりリリースする。テクノやハウス等のクラブミュージックからの影響を受けながらポップに落とし込んだキャッチーな新曲“Celestial Burnout”、“Interstellar”や、1st アルバムに収録された“Wet Floor”にゲストミュージシャンのReina Shimizu / Tenor Saxophoneを迎えたリアレンジヴァージョンも収録されている。
そんな彼らがAlly Mobbs、metome、paranoid void、YYBYら関西屈指のゲストアーティストを招き、12月1日(日)NOON+CAFEにてリリースパーティーを開催。当日は新譜EPの先行発売も行われる予定だ。

作品情報

 

 

アーティスト:Deck E

タイトル:Encounter EP

レーベル:FLAKE SOUNDS

発売日:2019年12月11(水)

価格:¥1,000(税込)

 

1.Celestial Burnout
2.Interstellar
3.Wet Floor (Self Remix feat. Reina Shimizu)

Deck E

 

 
Yuki Oku(Synth)、Shota Otsuki(Ba)、Kenjiro Watanabe(Dr)の3名によるバンド。テクノやハウス、ベースミュージック等を基調としたトラックと生演奏を融合させたスタイルで関西を中心に活動している。
自主制作盤の1st EP『A Narrative On Decks』の発表と同時に、2016年春よりライブ活動をスタートさせ、同年7月にはノルウェーのシンセポップバンド・KID ASTRAYのJapan Tour(TONE FLAKES Vol.99)大阪公演のサポートを務め、年末には神戸troopcafeのカウントダウンパーティーに出演した。2018年2月には京音-KYOTO- 2018に出演し、OGRE YOU ASSHOLEとCHAIの間で演奏を行う。
 
2018年12月には初の全国流通版の『Lost in Thought』をFLAKE SOUNDSよりリリースし、収録曲の“Wet Floor”はSpotifyで20万回再生を記録した。
 
2019年、最新作の『encounter EP』は同じくFLAKE SOUNDSよりリリースし、タイトルの通り前作に対してのアンサーシングルとなっており、よりポップでキャッチーな作品となっている。トラックと生演奏というスタイルは健在で、DJとバンド、或いはクラブとライブハウスの垣根を超え、多方面から評価を受けている。
日時

2019年12月1日(日)

OPEN / START 18:00

場所

NOON+CAFE

出演

【LIVE】

Ally Mobbs / metome / paranoid void / YYBY / Deck E

 

【FOOD】

ラリパッパカフェ / アマルガムビルヂング食堂ネオエビス店
料金
前売 ¥2,400 / 当日¥2,900(+1drink¥600)

GOODS

トップへ