EVENT

アーティスト・イン・レジデンスプログラム2019『エクスチェンジ / ARTSPACE ロス・マニング オープンスタジオ』

2019.10.18

乾 和代乾 和代

京都芸術センターでは、Australia Council for the Arts、ARTSPACE(シドニー)と連携し、アーティスト・イン・レジデンス エクスチェンジプログラムを実施している。今年度、公募により選出されたのがブリスベン在住の美術家・音楽家のロス・マニングだ。マニングはMCA(オーストラリア現代美術館)のThe National 2019展に出展するなど、オセアニア・アジアを中心に着実なキャリアを積み重ねてきたアーティスト。これまで、身の回りにあるテクノロジーを出発点に、光や音を用いたインスタレーション作品を発表している。

 

今回の日本での滞在を通じて自身の作品に新たな技術を取り入れるために「からくり人形」の仕組みをリサーチし、江戸時代の図面を元に、廃材や身の回りにある材料をLED電球やスピーカーに繋ぎ、様々な仕掛けを構築しているという。

 

10月18日(金)から20日(日)に、京都芸術センターにてこのロス・マニングによるオープンスタジオが開催される。彼の制作過程を間近で見ることができるまたとない機会だ。ぜひ、この貴重なイベントに足を運んでみてはいかがだろうか。

ロス・マニング(Ross Manning)

1978年ブリスベン生まれ。主に光や音を使ったキネティック・アート作品を手掛けている。使われなくなった古いテクノロジーを再利用し、今ある素材や技術と組み合わせることで、新たな知覚体験を生み出している。2019年、オーストラリア現代美術館(シドニー)のグループ展「ザ・ナショナル2019」に参加。
ウェブサイト:https://rossmanning.com/

日時

10月18日(金)~20日(日)

13:00~17:00

※各日14:00・16:00にロス・マニングによるパフォーマンスが実施されます。

会場

京都芸術センター 制作室8

料金

無料

※入退場自由

お問い合わせ

京都芸術センター

TEL:075-213-1000
E-mail:info@kac.or.jp

GOODS

トップへ