EVENT

第12回 祇園天幕映画祭

2019.07.05

岡安 いつ美岡安 いつ美

7月に入り、祇園祭ムードが高まる京都。四条通りが歩行者天国となる15日宵々山の夜に、祇園周辺の路上にスクリーンを立て、映画を上映をする『祇園天幕映画祭』が開催される。京都の劇団・ヨーロッパ企画が制作した映画や、昨年クラウドファンディングで集まった資金の一部を寄付し、フィルム復元を行った京都市の広報映画『京都ニュース』など、京都にちなんだ作品を中心に上映する。

 

現在当日の協力をするボランティアスタッフの募集や、イベントの運営資金を集めるクラウドファンディングも実施中。興味のある方は公式HPのチェックを。

会場マップ

2019年プログラム

スクリーン1

19:30〜 京都国際映画祭『私のきょうと記録』

京都のキーパーソンたちが撮影するドキュメンタリー2作品を上映。

『秋の色 冬の彩』

  • 監督:吉岡更紗(染色作家)
  • 上映時間:17分

『夏の扉』

  • 監督:高橋マキ(文筆家)
  • 上映時間:20分
  • ゲスト:高橋マキ、モンブラン(吉本興業)

20:20〜 ヨーロッパ企画『タクシードライバー祗園太郎THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ』

英語字幕版上映。ロサンゼルスとソウルの映画祭で最優秀賞受賞。

 

  • 監督:永野宗典
  • 上映時間:56分
  • ゲスト:永野宗典、本多力、角田貴志(ヨーロッパ企画)※予定

スクリーン2

19:30〜 京都国際子ども映画祭『12歳の女の子についての入門書』

ベルリン国際映画祭、ニューヨーク国際子ども映画祭受賞作品。子どもスタッフによる日本語生吹替上映。

 

  • 上映時間:20分

20:05〜 おもちゃ映画ミュージアム『1970年代の京都ニュース』

京都市のトピックを伝える広報映画。祇園天幕映画祭の支援で復元した1990年代の祇園の映像も初披露。

 

  • 上映時間:40分

20:50〜 大森くみこ氏の活弁上映

おもちゃ映画de玉手箱
昭和初期の短いアニメを数本まとめてご覧あれ。

 

血煙高田の馬場

大河内傳次郎主演の時代劇。

  • 上映時間:9分

 

『特選ギャグ集〜世界三大喜劇王編〜』

チャップリン・キートン・ロイドの名作を超ダイジェストでお届け。

  • 上映時間:8分

※画像は祇園天幕映画祭CAMP FIREページより引用 https://camp-fire.jp/projects/view/142141

INFORMATION

日時

2019年7月15日(月祝)19:30〜21:30

場所

祇園商店街・歩行者天国の路上(四条通=四条大橋〜八坂神社の間)

HP

http://giontenmaku.main.jp/

GOODS

トップへ