EVENT

Monochrome Circus Dance Performance『FLOOD』

2019.02.26

岡安 いつ美岡安 いつ美

1990年に坂本公成によって設立されたMonochrome Circus(モノクローム サーカス)。「身体をめぐる/との対話」をテーマに国内外で公演活動を行う、京都老舗のダンスカンパニーである彼らの最新公演『FLOOD』が3月1日より京都芸術センターにて上演される。

 

「FLOOD」は洪水、大水、氾濫、激しい流出、充満、殺到、上げ潮などを意味する。否応無しに「群れ」であること、またはその「分断」を意識せざるを得ない現代にあって、コンタクト・インプロヴィゼーションを軸に様々な身体を持つ15名による集団即興ダンスパフォーマンスを展開します。お見逃しなく。

Monochrome Circus(モノクローム・サーカス)
1990年結成。「身体をめぐる/身体との対話」をテーマに国内外で活動しているダンスカンパニー。主宰坂本公成。ソロやデュオを踊りきる力量を持ったダンサーで構成され、コンタクト・インプロヴィゼーションを活かした有機的なアンサンブルが持ち味。国内外の振付家や他分野のアーティスト、地域コミュニティとの共同製作など幅広く作品を製作している。

Web:http://www.monochromecircus.com

INFORMATION

日時

2019年3月

1日(金)19時30分

2日(土)16時30分/20時

3日(日)14時
*各回45分前より受付開始、15分前開場
*入場規制:未就学児童入場不可

会場

京都芸術センター 1F フリースペース

料金

前売一般/3,000円、学生/2,500円

当日一般/3,500円、学生/3,000円

予約

http://ticket.corich.jp/apply/97133/

クレジット

出演:石原菜々子、板倉佳菜美、今村達紀、岡野亜紀子、小倉笑、加賀爪智子、下野優希、巽由美子、田中直美、辻本佳、橋本明子、林南々帆、門戸大輔、森裕子、安本亜佐美

演出:坂本公成、森裕子
作曲:山中透
出演:石原菜々子、板倉佳菜美、今村達紀、岡野亜紀子、小倉笑、加賀爪智子、下野優希、巽由美子、田中直美、辻本佳、橋本明子、林南々帆、門戸大輔、
森裕子、安本亜佐美
舞台監督:渡川知彦
制作:大籔もも

GOODS

トップへ