NEWS

清水煩悩が新Music Video“大天国”を公開

2019.02.09

峯 大貴峯 大貴

悪童・清水煩悩、世にはばかる。京都生まれ、和歌山育ちのシンガーソングライター、最近まで大阪に住んでいたが今は一体どこにいるのだろうか。屈託ない声と、ユルいメロディに、重力をひっくり返したような歌詞と、憎めないキャラクター。だがそんな捉えどころの無さを、着実に中毒性へと変化させ周りを巻き込んでいく、実はしたたかな一面こそが魅力のようにも感じる。彼の2018年の作品『ひろしゅえりょうこ』は以前ki-ftでも取り上げたが、この度収録曲“大天国”の7分13秒に及ぶ長編Music Videoが完成した。

 

“神様なんていない だけど何かを信じてたいや 神様みたいなものをずっと探している”

 

ガットギターを持って、路上で歌う煩悩。そんな弾き語りを聴きながら現実と虚構を行き来し、煩悩をまるで『神様みたいなもの』として恍惚の表情を浮かべている一人の女性の不思議な心象風景が描かれる。牧歌的なメロディの中に潜んでいた、ストレンジな部分を濃縮抽出した毒牙のような仕上がりだ。

 

ここでの彼はまるで教祖の如く。大阪には収まらず今、大天国へと腰を据える。清水煩悩に気を付けろ!

クレジット

作詞・作曲

清水煩悩(https://twitter.com/shimizubonnou

監督

内藤学(https://twitter.com/semegiai2

美術・衣装メイク

近藤ちひろ(https://www.instagram.com/000chihiro000

主演

伊藤由紀(https://twitter.com/0901pfm

撮影

銭谷優貴(https://www.instagram.com/z_e_n_i

煩字監修

艶窪青(https://twitter.com/ADEKUBOsho

プロフィール

 

 

京都府生まれ和歌山県出身。
2016年11月:活動開始。
2017年3月:初めての自主制作盤『みちゅしまひかり』発売(現在廃盤)。水曜日のカンパネラ・コムアイが「天才じゃない?」と賞賛。TENSAIBANDⅡ・奇妙礼太郎主催「同じ月を見ている」出演。
2018年4月:P-VINE流通協力の元、2ndアルバム『ひろしゅえりょうこ』が、SNEEKER BLUES RECOREDSから全国リリース。帯コメントには、奇妙礼太郎。
2018年6月:元たま・石川浩司との2マンライブ『稀代の変哲』が代官山にて開催。
2018年12月:フジテレビオンデマンド『PARK』にてライブ・インタビュー動画がメディア初公開。
2019年1月:風知空知にてMusicVideo「大天国」大画面上映会と称し、ワンマンショウとトークショーを開催し大成功を収める。

GOODS

トップへ