EVENT

東西のうたを紡ぐ『うたのゆくえ』第二回

2018.12.28

峯 大貴峯 大貴

「“東京”と“京都”の『うた』を紡ぐ」というテーマのもと、2018年3月に渋谷・O-nestで開催された音楽イベント「うたのゆくえ」の第二回が、2019年3月30日(土)・31日(日)に、会場を京都三条VOXhallに移して開催が決定した。

 

前回東京開催時は2つのステージが用意されO-nestにはバンドセット・アクトが出演。1つ上6階のラウンジでは弾き語りの演者が観客と同じ目線でライヴを行い、また松永良平・岡村詩野というそれぞれ東京・京都在住の音楽評論家によるトーク・セッションなども行われた。日本随一のライヴハウス文化が活況を見せる2大都市を拠点とする演者そろい踏みの様相。スタートを飾った石指拓朗の弾き語りから、トリのラッキーオールドサンのバンドセットまで終始観客が溢れかえり大盛況であった。また今になって振り返れば折坂悠太、中村佳穂、カネコアヤノ、本日休演、キイチビール&ザ・ホーリーティッツなど、この2018年にリリースされた作品によってライヴハウス・シーンを超える様な飛躍を遂げた若き音楽家たちの集結と言える顔ぶれであり、現行日本の音楽の一つのハイライトとも言える日であった。

 

今年は二日間開催となり、またテーマも「東西の『うた』を紡ぐ」にスケールアップ。東京を中心とした“東”と、京都を中心とした“西”で活動する気鋭の歌い手が一堂に会する。

 

第一弾出演者も発表されており、東からは前回に引き続き石指拓朗、折坂悠太、ラッキーオールドサンに加えて柴田聡子、すばらしか、東郷清丸、そして田中ヤコブ率いるスリーピースバンド・家主らの出演が決定。

 

西からは開催地である京都組のギリシャラブ、台風クラブ、バレーボウイズ、西村中毒バンドに加えて、国内外でも高い評価を得ているオジマサイリ(neco眠る、CASIOトルコ温泉)と足立大輔からなるポップユニット・EMERALD FOURがバンドセットで、そして大阪から注目のガットギター弾き語りのシンガー・黒岩あすかの出演が発表された。

 

まだまだ出演者は追加されるようだが、この時点でも新時代を彩る歌い手たちが続々名乗りを上げる群雄割拠、東西入り乱れての戦国歌合戦になること必至。続報を待ち望む!!

 

INFORMATION

日時

2019年3月30日(土)、31日(日)
open 12:00 / start 13:00

会場

京都三条VOXhall (ホール/屋上/4F「十八番」)

出演

石指拓朗
EMERALD FOUR<バンドセット>
折坂悠太
ギリシャラブ
黒岩あすか
柴田聡子
四万十川友美&best friends
すばらしか
台風クラブ
東郷清丸
西村中毒バンド
バレーボウイズ
牧野ヨシ
家主
ラッキーオールドサン<バンドセット>
and more…

料金

[adv] 2日通し券 \7,800 / 1日券(3/30,31) 各\4,200

/ [door] 各\4,700(+1drink料)

※学生のみ1drink無料(受付にて要学生証提示)

 

チケット取り扱い(12/28〜):

イープラス、ローソンチケット【Lコード:53323】、京都三条VOXhall店頭

 

※イープラスチケットURL:
1日券(3/30)

1日券(3/31)

2日通し券 

GOODS

トップへ