音楽について書くことを純粋に楽しむ。関西音楽メディア・ki-ftのこれまでとこれから。