COLUMN

【2018年11月】今、ライブハウス店長・ブッカーが注目しているアーティスト

2018.11.08

堤 大樹堤 大樹

「現在の京都のインディーシーンってどんな感じ?」

「かっこいいバンドはいるの?」

 

「今」の京都の音楽シーンを追う、この連載!

今月も今聴いておきたい注目のアーティストを紹介していただきます。

 

紹介者は以下の方々です(五十音順)。

・京都GROWLY 店長:安齋智輝

・VOX hall ブッカー:小野満

・LIVE HOUSE DEWEY 店長:牧野大志

・Live House nano 店長:土龍

京都GROWLY 店長:安齋智輝の注目アーティスト

e;in

公式HPより

今回はわがGROWLYの敏腕PA、金澤が参加するインストバンドe;inを紹介します。

 

200X年京都にて結成。これまで3枚の単独作品、2枚のスプリット・オムニバス音源をリリース。そして今月、新音源『vodka e.p』をリリースしました。

 

活動は極めてマイペースでありながら、ツインギターとベース、ドラムという生楽器のバンドアンサンブルを突き詰めた活きたインストロックを展開。叙情的でゆっくりと螺旋状に昇っていくようなサウンドスケープは言うなれば「絶景」。昇天先から見下ろせば、様々な音楽的ルーツや機材への細やかなこだわりが見え、楽器を演奏する者の志すべき風景が浮き上がる。まさにバンドオブバンド。

 

あまり表に出ないのでリリースの時くらいはキャーキャー言われて欲しい!やはり歴戦突破のおっさんは強し。

安齋智輝

京都GROWLYの店長です。

元和菓子職人です。

お菓子も音楽も手間暇と愛が必要、がモットーです。

VOX hall ブッカー:小野満の注目アーティスト

Kevin

出会ってから、一年半ほど、その変化には注目しています。

 

激しくも、荒々しい轟音かと思いきや、きらめくその時を感じる息をのむようなバンド。ドラム、ギター、ボーカルの変則的なバンド構成の中、紡がれる美しいダークな部分には、興味を惹かれます。楽器陣が実の兄弟という間柄、互いのライフと音楽が濃密に絡まったサウンドを展開します。

 

以前に、レコメンドした『水車』に同じく、今後が楽しみな塊です。今月は、その『水車』と『Kevin』による共同初企画が十八番にて動き出します。濃密かつ見物な一夜が浮かび上がりました。

 

期待値も込めたレコメンド!

小野満

京都VOXhall勤務7年目くらい、ブッキングマネージャー小野です。

通称:おのまん(小野満という本名です)。京都に来て8年ほど、その前は東京生活でした。

東京時代によく出入りしていたハコが2005〜2010年くらいの新宿モーション、新宿JAM、下北沢ベースメントバー、下北沢スリー、渋谷ネストなど。その時代の東京インディー界隈に縁が深いです。

LIVE HOUSE DEWEY 店長:牧野大志の注目アーティスト

小川洋平

公式HPより

枯れたギブソンのアコギと鼻にかかった声。歌われるのは日常の小さな希望と
どん底の絶望。日々をしっかり生きようとしている人達の側にさりげなく寄り添う名曲揃い。

 

10/29 DEWEY周年月間の一日。

ほぼMCなし、物凄い集中力での演奏に私を含めスタッフが全員泣いてしまう光景があった。ガラガラの客席で、バーカウンターの男もその音を出しているPAも泣いている。非常に滑稽だ。

 

そんな事は100もわかっている、日々頑張っているスタッフの心にモロに刺さってしまった。

 

「音楽の美しさに客の多さは関係ない。」

 

なんとなく知っている気になっていた事実を実際目の前で見せられたら普通泣く。バンドサウンドで録音されたCDはDEWEYでよく流されているので耳にした事がある人も多いはず。

 

飄々として、先輩にある程度失礼な本人のキャラクターを含めて愛すべき音楽家。

牧野大志

DEWEYの代表。

ブッキング、PAを一人でこなすようになりもうすぐ2年。

年中スタッフ募集中。

Live House nano 店長:土龍の注目アーティスト

チプルソ

公式HPより

大阪のラッパー。

所謂HIP HOP MC。フリースタイルバトルのUMB大阪予選決勝にて行われたR-指定との名勝負は語り草。

 

特徴のある声で繰り出されるリリックの応酬は、韻へのインテリジェンスだけでなく、その言葉そのものの温かみにも溢れ、チプルソ自身が生きてきた自伝のような、また聴き手のバイブルになり得るような物語でもある。

 

MPCのトラックバックのMCだけでなく、ガットギターの弾き語りスタイルでのMCというのも彼のステージスタイルの特色。リリックと合わせて広がるサウンドスケープにフロアが涙することもしばしば。

 

ヒップホップカルチャーに囚われることなく、共鳴し合えるモノとは垣根を超えてリンク。クリープハイプの尾崎世界観が心酔しコラボレーション音源が発表されていることは、その証拠の1つ。

 

クラブカルチャーとバンドカルチャーの溝の話はよく耳にするノイズだが、チプルソはそのノイズキャンセラーになり得る存在。

土龍

こんにちは。

土龍(もぐら)です。

 

京都生まれの京都育ち。

受験戦争の申し子を経て、めでたく京都大学入学。

でも何を間違ったか8年間在籍。

大学生活のほぼ全ては、大学構内より焼き鳥「どん」かライブハウスで過ごす。

 

やってきたチャンスに上手いこと乗っかって現在は、京都市中京区は二条城の近くの「livehouse nano」(http://livehouse-nano.com/)の店長。

 

自身の音楽活動としてはライブハウスの経営以外にも、京都の秋のロックフェスティバル「ボロフェスタ」主催チームの1人であったり、仲間のバンドにひょこっと参加してアルトサックスをご機嫌にブロウしたり。

 

またライブイベントの司会を務めることも多く、京都のライブイベントで司会者といえば「土龍」だろうと勝手に思ってたり。主催している「ボロフェスタ」でももちろん名物司会者として名を馳せてたりそうでもなかったり。

 

派手好きの単純思考。

関西屈指のパーティピープル。

土龍のいるフロアは華やぐとかそうでもないとか。

 

あ、あと2人の娘の父親。

GOODS

トップへ