私たちがバンドを続ける理由。シゼンカイノオキテが語る、15年間と今について。