ヨーロッパ企画20周年ツアー 「サマータイムマシン・ブルース」「サマータイムマシン・ワンスモア」 地方公演に残席アリ!

2018.08.07

川合 裕之川合 裕之

京都を拠点に活動する劇団、ヨーロッパ企画は今年2018年に20周年ツアーを巡業中。

 

「サマータイムマシン・ブルース」と、その15年後の世界を描く「サマータイムマシン・ワンスモア」が上演されます。2001年に初演された「ブルース」。現在のヨーロッパ企画が大学生の役を演じるというギャップにも注目が集まっています。

 

京都、大阪、福岡、東京など主要都市での公演は残念ながら全席SOLD OUTですが、地方公演にはまだ空席が。

 

愛媛、高知、名古屋、広島など秋以降の巡業に合わせれば鑑賞することができます。酷暑を乗り切った後、気候の穏やかな季節に旅行を兼ねて足を運ぶのも良いかもしれません。演劇のために遠出して、次の日は秋の瀬戸内海の風を浴びる――なんてのも素敵ですよ。

「サマータイムマシン・ブルース」は、僕らが大学生のころに作った、大学を舞台にしたSF青春コメディです。当時は青い檸檬のようだった我々も、今では結成20年の節目を迎え、終演後の楽屋には子連れが増え、鏡前には薬が並び。そしてメンバーはそれほど変わってませんでした。

 

そこであいつらの今現在をやるとどうなるだろう、と思いついたのが、「サマータイムマシン・ワンスモア」です。「ブルース」の15年後にあたる話。夏のタイムマシンの話をもう一度、今の力で作ってみようと思います。しかも乗じて「ブルース」の方も再演するという。これはそもそも大学生を今の僕らが演じるという無理がある話ですので、そこは大目に見てもらおうと思います。演劇の嘘として。

「ブルース」と「ワンスモア」は、同じ舞台を使ってやります。どちらか一つでも、見比べていただくのでも。

(上田誠)

公式サイトより引用

INFORMATION

愛媛公演

9/30(日) 14:00開演 西条市丹原文化会館 大ホール

高知公演

10/2(火) 19:00開演 高知県立県民文化ホール グリーンホール

名古屋公演

10/4(木) 19:00開演 愛知県産業労働センター ウインクあいち 2階大ホール

広島公演

10/25(木) 19:00開演 JMSアステールプラザ 中ホール

公式HP

http://www.europe-kikaku.com/projects/e37-38/

GOODS

トップへ