NEWS

アンテナ6号できました!

2018.07.19

岡安 いつ美岡安 いつ美
こんにちは、アンテナ副編集長の岡安です。
この度、フリーペーパーアンテナ最新vol.6が完成いたしました!毎年欠かさず発行していたフリーペーパーですが今回は1年時間が空いてしまいましたが、無事に刷り上がってきてホッとしております。現在京都市内を中心に配布を開始しております。配布先についてはTwitterにて更新していますので、そちらで最新情報についてはご確認いただければと思います。
 
表紙にも書かれていますが、vol.6の特集は『ミッドナイト・イン・京都』。アンテナなりの“夜の京都”を追いかけるべく、私たちがこの人に夜の京都について聞きたい!と思ったお二方にアテンドをお願いしての取材となりました。
 
お一人目は京都精華大学でも教鞭をとられている大下大介さん。彼ははこれまで映画・演劇・TVなどの制作やデザインの仕事を経て、現在は京都精華大学ポピュラーカルチャー学部教員として勤務されています。京都市北区にお住いなので、北区の夜を楽しむためのお店を教えていただきました。繁華街から少し遠いイメージのある方が多いであろう北区ですが、実は隠れた名店がたくさん存在するエリア。これをきっかけに北区にぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。
 
お二人目は『いま京都で一番旬な女』の称号をほしいままにする、有路通子さん。彼女は着物が好きすぎて京都の図案家に弟子入り、現在はデザイナーをしながらケータリングやワークショップ開催などの活動をされています。そんな有路さんには、木屋町周辺で夜楽しめるスポットへと連れて行っていただきました。写真からもどれだけ楽しい夜だったかが伝わってくるかと思います。詳細は紙面にて!
 
その他にはウェブ版でコラムを連載しているケガニ、川端安里人の両名に特別版のコラムを、またフリーペーパー創刊時からコラム執筆をお願いしているかずーのコラムも掲載されております。読み物としてもボリュームのある号に仕上がりました。
フリーペーパーアンテナを発刊したのは2013年7月のこと。今月でアンテナという団体をスタートさせて5年の月日が経ちました。ウェブ版はフリーペーパーの翌年8月にスタートしましたので、もうすぐ丸4年。本当にここまではあっという間に時間が過ぎ去ったように思います。おかげさまでたくさんの方にウェブ版をご覧いただけるようになり、私たちが京都に必要だと思っていた媒体の形が出来上がりつつあります。
 
ただこのウェブ全盛期にフリーペーパーをまだ出す意味があるのか?、こんなことを今回のフリーペーパーを作るに当たって再度考えました。日々増える記事に、ロングテールで増えるPV数、検索順位も上がっている記事も増えてきたのでウェブ1本に媒体を絞るという選択肢ももちろんあったはずです。実際のところ私たちアンテナとしてはフリーペーパーの発行をやめるという選択肢は1度も出てきませんでした。それはウェブだけでは獲得できない人々との出会いが生まれるからです。いいね数もPV数も計測できないアナログなフリーペーパーですが、これまでに「見たことあります!」とお声掛けいただいたことは数知れず。きちんとフリーペーパーは人に届いている実感が得られる媒体として、私たちは続けたい!と思って今回の号も作成しました。
 
つい先日にはフリーペーパーにまつわるイベントも開催、これからも紙媒体の可能性を探るべく私たちはフリーペーパーを続けていきます。今の時代だからこそ、いろんな人が欲しいと思うフリーペーパーを作っていきます!

配布状況についてはアンテナのTwitterにて随時更新中!

街でお見かけの際にはぜひお手に取ってみてくださいね。

https://twitter.com/kyoto_antenna

GOODS

トップへ