INTERVIEW

【くるり / ファンファン】好きで好きでたまらない!スーパーノアは俺に語らせて!3rd mini album『素晴らしい時間』リリース・スペシャルインタビュー

2018.07.05

堤 大樹堤 大樹

写真提供:ファンファン

星の数ほどバンドがいる今の世の中で、”至宝”と呼ばれるに見合ったバンドがどれほどいるだろうか?2004年より活動を続けてきたスーパーノアは、間違いなく”京都の至宝”の名に恥じない輝きを持ったバンドだ。ここまでマイペースに活動を続けてきた彼らが、昨年度のフルアルバム『Time』に引き続き、3rd mini album『素晴らしい時間』のリリースを発表。

 

名だたるミュージシャンからの評価も高い彼ら、ファン以上に心を掴むのが難しい、耳の肥えたミュージシャンたちはスーパーノアのどこに魅力を感じ、愛しているのか?新譜と一緒にそんな彼らの魅力を掘り下げます!

インタビュアー:堤大樹

スーパーノアを見ていると「羨ましい」って気持ちになる

ーー:

早速なんですが、スーパーノアとファンファンさんの出会いから教えていただいてもよいですか?

ファンファン:

私、大学が同志社女子大学だったんですけど、知ったのはその時です。メンバーがみんな私と同い年なのかな?スーパーノアは同志社のS.M.M.Aっていうサークル出身で、私はLOVE&FREEってサークルだったんです。関わりはなかったんですが、その時から名前は知っていました。

ーー:

では知られてから随分と長いんですね!

ファンファン:

知ったのは早いんですけど、実はライブをはじめて見たのは4,5年前と結構最近で……(笑)。友達に誘われてnanoにライブを見に行ったんですけど、その時すごくいいライブをしていて好きになりました。個人的にここまで入れ込むバンドって多くないんですけど、不思議と好きでい続けている数少ないバンドです。

ーー:

その時スーパーノアのライブを見て、どんな印象でしたか?

ファンファン:

最初は大学のサークルのイメージがあったから、すごくスマートな人たちなのかなって印象だったんですよ。でもライブを見たらそうでもなくて、一番感じたのはバンド力みたいな部分。集まって出している音がかっこいいなって。音圧って言うんですか?本当にいつライブを見ても結束力がすごい。普段別のバンドを見ていても「いいライブだな」とか「上手だな」と感じることはあっても、あまりそれを感じることは少ないんですけどね。

ーー:

メンバーは他のバンドやアーティストのサポートもしているし、Vo/Gtの井戸さんは自身のソロ・プロジェクトもやっていらっしゃいますし、みんな多彩で、技術力の高いバンドですよね。でもそれ以上にバンドとしての結束力が高いというのはわかる気がします。

ファンファン:

ずっと同じ人たちと続けていても、バラバラに感じる日って絶対あるはずなんですよね。気持ちの問題だったり、その日の体調の影響だったり

ーー:

普段レベルの高いミュージシャンと数多く接しているファンファンさんが言うと、説得力がありますね。その他に、彼らに対して感じることはなにかありますか?

ファンファン:

実は、スーパーノアを見ていると羨ましいって気持ちが強くて(笑)

ーー:

それは何故ですか?

ファンファン:

同い年のメンバーで大学の時からずっと一緒にバンドをやっているからですかね。私も昔、同い年の子たちとバンドを組んでいたけど、彼らのようにそんなに長く活動できなかったんですよ。なので素直に、いいなぁって思います。

ーー:

そういった部分が先程ファンファンさんがおっしゃっていた、バンドの結束力になって良いグルーヴを生んでいるのかもしれないですね。

ファンファン:

そうですね。あと不思議なのはスーパーノアを聴くと、私、練習がしたくなるんですよね。普段自分ではなかなか曲を作らないんですけど、作ってみたり、曲を聴いたあとはそんな気持ちになります。そう言えば、私はトランペッターなので、練習をする時スタジオを取ることが多いんですけど、スーパーノアの曲を流しながらトランペットでコピーしてますよ。

ーー:

いいですね!それ同じステージで見てみたいです。

ファンファン:

ぜひやってみたいですね!機会があれば本当にぜひ。

今回のアルバムは、前作にくらべて優しくなったと思います

ーー:

ファンファンさんは3rd mini album『素晴らしい時間』は聴かれましたか?

ファンファン:

はい、聴きました!というか実はstudio SIMPOに遊びに行った時にちょうどレコーディングしていたんですよね。だから細かいアレンジの違いとか、そういう部分も感じられて聴いていて面白かったです。

ーー:

遊びに行かれたんですね。そう言えば今回スーパーノアがレコーディングしたstudio SIMPOはくるりとの縁のあるスタジオですね。その時どの曲のレコーディングをされていたんですか?

ファンファン:

その時はM04の”井戸とバイバイした”のレコーディングをしていたのが記憶に残っています。子供の声をサンプリングしている曲なんですけど、Vo/Gtの井戸君がすごくニヤニヤしながらそれを聴いていて。それを見て改めて「すごく遊びココロがある人たちだな」、と思いました。

ーー:

今作は前作以上に遊びココロが強い印象ですよね。

ファンファン:

スーパーノアはどのアルバムもそうなんですけど、音の作り方がすごく工夫されていて、「この音どうやって出してるんだろう」っていつも思っちゃいます。それこそ今回のアルバムでも”井戸とバイバイした”は音が印象的ですよね。

ーー:

ちなみにアルバムの中でファンファンさんのお気に入りの曲があれば教えていただけますか?

ファンファン:

一番好きなのはM6”なつかしい気持ち”。タイトル通り、あの日のあの時の気持ちや考えていたことを、引き出すきっかけをくれるような曲です。そして懐かしむと同時に、今や未来を想う余地をくれる、想像させてくれる気がするんですよね。そんな言葉たちが爽やかな曲調に乗って歌になっている!この夏何度も聞きたくなりそうです。

ーー:

アルバム全体の印象についてもお伺いしたいと思っています。前作からの違いはどのような部分に感じられましたか?

ファンファン:

前作に比べて、なんか優しくなったんですよね。

ーー:

優しくなった?

ファンファン:

思いやりがあるって言うと、これまで思いやりがなかったように聞こえますかね?(笑)。かゆいところに手がとどくというか、言葉にするのが難しいんですけど、そういったニュアンスが一番近いです。自分がなんとなく思っているけど、スーパーノアはあまり普段気にしていないようなことに、気が付かせてくれる人たちだと思っていて。自分の気持ちを代弁してホッとさせてくれるような、そんな側面が増している印象です。

ーー:

他に似ている印象のアーティストはいらっしゃいますか?

ファンファン:

それこそくるりの岸田さんと一緒にやっていても、同じことを感じることがありますね。日常で自分がもやもやと考えていることに、あらためて触れようと思うきっかけをもらったりします。歌詞自体は「その時見えていたもの」みたいな言葉の断片なんですが、自分の中にこんな感情があったんだ!とか、何年も忘れてたことを急に思い出させてくれたり。自分に寄り添ってくれるというよりは、発見させてくれるという感じですかね。そういったヒントのようなものは、いつもたくさんもらっています。

ーー:

ファンファンさんは歌詞に注目されているんですね。

ファンファン:

そうですね、歌詞聴いてるみたいですね、私。くるり以外はあまり歌詞って気にして聴いていないんですけどね。普段はイントロの出だしがかっこよかったら聴くみたいな感じで、音楽探してますから。でも井戸くんの歌詞はブックレットで読んでみたくなります。

ーー:

ちなみに、3rd mini albumの中で心に残っている歌詞はありますか?

ファンファン:

“なつかしい気持ち”を聴いてて、

 

「いつでも 手を放せるものが 捨てられるものが たぶん 多過ぎる」

 

ここになるといつも、「井戸くん何のこと言ってるのかな〜、自分だったら何かな〜、家族と友だちとバンドと楽器は今んとこ絶対必要だな〜、ていうか最近断捨離してないから家にもの増えてきたな〜、ていうか最近便利グッズ多すぎ!代用できないものが多い!もっと生活の知恵を身に付けたいな〜、ほんと、便利な世の中になったよ!」などと色々考えさせてもらってます。

 

あと、M03″たまたま”の「たまたま キャッチュ」キャッチュて!可愛すぎ!と思います(笑)

ーー:

最後に今回のスーパーノアのアルバム、どんな人に聴いて欲しいか教えていただけますか?

ファンファン:

どんな方にもおすすめしたいです!期末テストが終わった学生さんにも、仕事帰りの社会人の方にも、もちろんバンドマンさんにも。個人的には喫茶店のラジオから、彼らの曲が流れてきたら嬉しいなぁ。ちなみにうちの息子も聴いてます。M02″Let down”のイントロでいつも笑っています!

ーー:

ありがとうございました!

スーパーノアへの愛を語った、その他のアーティスト

ベランダ
coming soon
coming soon

くるり

 

 

1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークル「ロック・コミューン」にて結成。古今東西さまざまな音楽に影響されながら、旅を続けるロックバンド。

 

公式HP:http://www.quruli.net/

スーパーノア

 

 

(L to R)岩橋真平(Bass)井戸健人(Guitar.Vocal)岡村寛子(Keyboards)赤井裕(Guitar)

 

2004年結成。京都を中心に活動開始。全国各地にてライブ活動を精力的に行い、2009年にcolla disc/M.D.L!より1stミニアルバム「雨の惑星、ステレオの向こう」をリリース。千原兄弟のコントライブ「ラブ」に楽曲が全面的に使用されるなど、好評を得る。2010年に5曲入りEP「circle」を発表し、前作共に完売。2011年にシングル「リリーと穴」、2013年にシングル「C」をリリース。2014年にはサポートメンバーであった岡村寛子(Keyboards)が正式メンバーに加入。またサポートメンバーに石渡新平(Drums)を迎え、楽曲制作に向けて注力する中、2016年にSIMPO RECORDSよりシングル「ドリームシアター」を発表。2017年、同レーベルより待望の初のフルアルバムリリース。

 

公式HP:http://supernoah.net/

 

スーパーノア 3rd mini album『素晴らしい時間』

 

 

1.ミラーボール
2.Let down
3.たまたま
4.井戸とバイバイした
5.Au revoir
6.なつかしい気持ち

 

2018.7.8 release
SMPR-010 / ¥1,500(without tax)
Label:SIMPO RECORDS

GOODS

トップへ