Traveller
Chris Stapleton

2018.03.07

峯 大貴峯 大貴

ルーツ志向を促したフィクサー

テネシー州メンフィスで育ちながらも長年R&Bやヒップホップを起点としたポップフィールドでスターになっていったティンバーレイクにとって、カントリーは確固たるルーツではあるが距離感としてはどこか“憧れ”と捉えていたサウンドだったように思える。そんな中自身のルーツに取り組んだ今回の『Man of the Woods』の方向性を象徴している楽曲が、昨年のグラミー賞でも3冠を受賞し現在のアメリカ南部カントリー最前線であるクリス・ステイプルトンを客演に迎えた「Say Something」だろう。交互にボーカルを取りつつ、ラストに向けてゴスペルのプロダクションに展開する。ここでのステイプルトンの男臭いヴォイスはティンバーレイクをポップスターの役割から解放し、まるで等身大でルーツに向かう振る舞いを後押しするフィクサーのような立ち回りだ。またそもそもティンバーレイクがルーツに向き合う契機となったのも2015年のCMAアワードでステイプルトンのソロ1stとなる本作が数々の賞を受賞した際のステージで共演したことが大きい。この時披露されたのは収録されているジョージ・ジョーンズのカントリー・スタンダード「Tennessee Whiskey」と、ティンバーレイク2013年の双子アルバム『The 20/20 Experience』収録のアーシーな温もりを感じさせる「Drink You Away」。このステージ以降この2曲の間を狙うようなカントリーへの取り組みをメディアに徐々にほのめかしていく。本作の存在が『Man of the Woods』の方向性を決定づけたと言えるだろう。

第一回 :Justin Timberlake - Man Of The Woods

選定者:ki-ft

The Velvet Rope「Got 'til It's Gone」 - Janet Jackson
Purple Rain - Prince
24K Magic - Bruno Mars
Musical Massage - Leon Ware
Justin Timberlake - Man Of The Woods
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice」) - Various
Traveller - Chris Stapleton
Hidden Figures Soundtrack - Various
Wanderlust - Little Big Town

GOODS

トップへ