Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice」)
Various

2018.03.07

マーガレット 安井マーガレット 安井

「拡張」が結ぶ縁

本作のリード曲”Filthy”ではサンプリングとしてスヌープ・ドッグの”Gin And Juice”が使用されているのだが、”Signs”での共演以降、お互いのアルバムに客演として参加している事から考えると、これは“スヌープへの敬愛”だと言ってもいいだろう。スヌープと言えば、”Sings”とほぼ同時期にはマライア・キャリーと”Say Somethin’”でコラボをし、以降ケイティー・ペリー、ゴリラズ、カルヴィン・ハリスなど様々なアーティストと共演し、“ヒップ・ホップの拡張”を行ってきた。そしてこのスタンスはジャスティンにも当てはまる。

 

例えば”Love Never Felt So Good”でマイケル・ジャクソンと時空を超えたコラボを行い、『The 20/20 Experience』では20日間で20曲のアルバムを作り、また当時の主流であった打ち込みサウンドに反旗を翻し、ホーン・セクション、ストリングスを惜しげもなく使い、豪華でオーセンティックなアルバムを作り上げた。そう考えるとジャスティンはメジャーという舞台に立ちながら常に“R&Bの拡張”を行ってきた事がわかり、本作においてクリス・ステイプルトンが参加したことも、ネプチューンズ・サウンドに新しい血を入れるというR&Bの拡張だと気がつく。彼はこれからも第一線に立ち、拡張し続けていくだであろう。スヌープがヒップ・ホップの拡張を行ったように。

第一回 :Justin Timberlake - Man Of The Woods

選定者:ki-ft

The Velvet Rope「Got 'til It's Gone」 - Janet Jackson
Purple Rain - Prince
24K Magic - Bruno Mars
Musical Massage - Leon Ware
Justin Timberlake - Man Of The Woods
Down To Earth Soundtrack (SNOOP DOGG「Gin and juice」) - Various
Traveller - Chris Stapleton
Hidden Figures Soundtrack - Various
Wanderlust - Little Big Town

GOODS

トップへ