REPORT

映画『獣道– Love & Other Cults』京都みなみ会館 舞台挨拶

2017.09.24

川合 裕之川合 裕之

映画『獣道』の上映に伴う舞台挨拶が先日9日、京都みなみ会館で行われました。

本映画は親の愛を受けることなく育ってきた主人公・愛衣が様々な境遇を転々としながら本当の自分の居場所を見つけようともがき続ける姿を中心に、地方都市におけるダークな人間関係を描きます。
――文字であらすじを追おうとすると、どうしても上のような文章になってしまいますが、ここで勘違いして欲しくないのはこの映画は決して後ろ向きで陰鬱な物語ではないということです。

 

 

時に物事のプロセスを大幅に省いたり、テンポよく話を転がすことで普通では澱んだ印象を与えてしまうようなエピソードにスピード感や、ある種の心地よさを感じさせてくれます。

リアルな描写の中にコミカルな演出をバランスよく混ぜ込むことで愛衣の数奇な半生を単なる非劇にさせない工夫が施されています。苦しい境遇の中でこそ見出すことのできた小さな光が、その境遇ゆえに消えそうになるというアンビバレントなシチュエーションが観客の心を掻き乱します。

 

そんなひとクセもふたクセもある物語の中で新興宗教の信者、金髪の不良ギャル、黒髪で清楚な少女、さらには風俗嬢など様々な境遇に順応する愛衣を、今注目の女優・伊藤沙莉がそれぞれの局面に応じて一個人としての一貫性を保ちながら丁寧に演じ通しました。同じく主演を務めた須賀健太や他のキャストも骨太の演技を見せてくれましたが、中でもやはり愛衣役は輪をかけて高い難易度だったのではないでしょうか。

内田英治監督(左)と女優の伊藤沙莉(右)

舞台挨拶には愛衣役の伊藤沙莉と内田英治監督が登壇。伊藤が山梨での1週間近くの撮影について「感慨深く、いろいろと考え方が変わったターニングポイントとなった」と語るのに対し内田監督は「それは初耳だ」と冗談交じりで返答するほか、彼女の出演するNHK連続テレビ小説『ひよっこ』が話題に上がった際には「僕は僕の映画の中のちょっと狂った伊藤沙莉しか知らない」という発言も。いかに『獣道』の制作にのめり込んでいたかが伺えます。

 

また内田監督曰くこの『ひよっこ』はプロデューサーのアダム・トレルもチェックしているとのこと。それを受けて伊藤は驚きながらも嬉しそうな表情を浮かべていました。
内田監督は主演の2人の演技についても「しっかりし過ぎた演技をするのでは」と子役出身の彼女らの盤石なキャリアがかえって裏目に出ることを危惧していたようですが、そんな心配は無用で撮影は滞りなく順調だったと語ります。

 

須賀健太との掛け合いのシーンは難しくて大変なことも多かったと振り返り、ヤンキーを演じる際には「もうちょっと愛衣のキャラクターを崩さない程度にふざけても良かったのでは」と反省するような場面も。
伊藤は難しい役をこなしたとは思えない程フランクで軽妙。時折客席と雑談をするなど親しみやすい一面を見せてくれました。その一方で内田監督は波乱万丈な少女の半生を描ききったとは信じられないほど落ち着いた物腰でトークをしていました。

 

伊藤沙莉は2018年全国公開予定の『寝ても覚めても』の出演が決定しており、同じく主演の須賀健太は週刊少年ジャンプ連載中の漫画原作・演劇『ハイキュー!!』に日向翔陽役で出演。10月29日(日)には全国の映画館でライブビューイングも予定されています。

 

残念ながら『獣道』の関西での上映は終わってしまいましたが、一部地域では現在も上映中。イギリスのレインダンス映画祭、スペインのシッチェス映画祭、オランダのカメラジャパン映画祭などでの上映も決定しています。今後の興行や内田監督の次回作にも注目が高まります。

GOODS

トップへ