KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2017

2017.09.11

齋藤 紫乃齋藤 紫乃

今年で開催8回目となり、もはや京都の芸術の秋を代表するフェスティバルとなったKYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭。ロームシアター京都をメイン会場として、2017年10月14日(土)から11月5日(日)の23日間にわたって開催される。

 

国内外のアーティストと共に作品を製作する「創造するフェスティバル」として、新作を積極的に紹介しており、「創造」と「交流」の実験の場として、京都という都市が国際的な舞台芸術のプラットフォームとなることを目指している。 今年のテーマは「内なる他者との出会い」。身体、声、音楽、言葉、造形物を通してアーティストが創り上げた作品を通して、私は何を感じるだろう。

 

2014年のKYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭、友人を誘って初めて観たフランソワ・シェニョー&セシリア・ベンゴレア『TWERK』の舞台は、刺激と驚きの連続であっけにとられて瞬きが止まらなかった。ダンサーの圧倒的な存在感に感動したのを今でも覚えている。 まさに、私の知らなかった世界。世界中にはこんな刺激的でおもしろい舞台芸術があるんだ!と、興奮気味にブログにしたためたものだ。今年も、どんな新しい感覚に出会えるのだろうか。今から楽しみで仕方がない。

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は、2010 年より毎年秋に京都市内の劇場を会場に、世界各地の先鋭的な舞台芸術を紹介してきました。このたび、8回目となるフェスティバルを2017年10月14日から11月5日の23日間にわたって、ロームシアター京都をメイン会場に開催します。 国内外のアーティストと共に作品を製作する「創造するフェスティバル」として、新作を積極的に紹介。「創造」と「交流」の実験の場として、京都という都市が国際的な舞台芸術のプラットフォームとなることを目指しています。

 

今回のプログラミングにあたっては、テーマを「内なる他者との出会い」とし、アーティスト自身が地理的・ジャンル的・方法的な移動を行い、慣れ親しんだ自らの文脈を切断してみることで、自らの内でありながら《異なるもの》を見出すことを企図しています。 また、「東アジア文化都市2017 京都」のコア期間事業として実施する、中国および韓国アーティストによる上演と交流プログラムや、観劇体験を深めるための多彩な関連イベントも充実させ、観客が様々な角度から舞台芸術の魅力に 触れられる絶好の機会となるでしょう。

 

京都国際舞台芸術祭実行委員会

出演アーティスト

金氏徹平

金氏徹平 『tower (THEATER)』

 

舞台に立ち上がる構造物と数々のパフォーマンス。これが、彫刻家が考える演劇のカタチ https://kyoto-ex.jp/2017/program/teppei-kaneuji/

パク・ミンヒ

パク・ミンヒ 『歌曲(ガゴク)失格:部屋5↻』

 

5 つの部屋を出入りしながら、 韓国の歴史の結晶「ガゴク」に耳をすませば

https://kyoto-ex.jp/2017/program/minhee-park/

田中奈緒子

田中奈緒子 『Unverinnerlicht – 内在しない光』

 

意識や記憶のはざ間にある「影」を浮かび上がらせる、「光」のコレオグラフィー

https://kyoto-ex.jp/2017/program/naoko-tanaka/

スン・シャオシン

スン・シャオシン 『Here Is the Message You Asked For… Don’t Tell Anyone Else ;-)』[這是你要的那條信息……不要讓別人看到;-)]

 

ネット、ケータイ、コスプレ、生配信… リアルとバーチャルの境界に映るナマの中国

https://kyoto-ex.jp/2017/program/xiaoxing-sun/

池田亮司×Eklekto

池田亮司×Eklekto 『music for percussion』

 

電子音楽から完全アコースティックな新作へ。 パーカッショニストに託したラディカルな一歩

https://kyoto-ex.jp/2017/program/ryoji-ikeda_eklekto/

村川拓也

村川拓也 『インディペンデント リビング』

 

演劇の枠組みを揺さぶり続ける作家がその先に見る 日中韓が互いに照らしあう“現在”の像

https://kyoto-ex.jp/2017/program/takuya-murakawa/

ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン

ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン 『Black on White』

 

最前線に立ち続ける音楽家と現代音楽屈指のアンサンブル。「不在の美学」は、この伝説的作品から始まった

https://kyoto-ex.jp/2017/program/heiner-goebbels_ensemble-modern/

トリシャ・ブラウン・ダンスカンパニー

トリシャ・ブラウン・ダンスカンパニー 『Anthology: Trisha brown』

 

パイオニアであり続けたブラウンが遺した 劇場のための3 つの記念碑的作品を上演 https://kyoto-ex.jp/2017/program/trisha-brown-dance-company/

マルセロ・エヴェリン/Demolition Incorporada

マルセロ・エヴェリン/Demolition Incorporada 『病める舞』

 

ブラジルの鬼才ダンサーが日本の舞踏に出会ったら。未知なる出会いの到達点は果たしてどこだ!?

https://kyoto-ex.jp/2017/program/marcelo-evelin/

神里雄大/岡崎藝術座

神里雄大/岡崎藝術座 『バルパライソの長い坂をくだる話』

 

国境を越えて思考し続ける注目の劇作家が、ブエノスアイレス滞在を経てたどり着く新たな境地。新作、世界初演

https://kyoto-ex.jp/2017/program/yudai-kamisato/

ダレル・ジョーンズ

ダレル・ジョーンズ 『クラッチ』

※ダレル・ジョーンズ『クラッチ』はアーティストのやむを得ない事情により上演中止となりました。

 

抑圧、逸脱、変革…としてのヴォーギング。超アメリカなダンス、日本と出会う。 https://kyoto-ex.jp/2017/program/darrell-jones/

researchlight

researchlight 『何もある』

 

「ここ、何にもないね」とはもう言わせない!?新たな風景を見出す、オルタナティブな「観光」への招待状

https://kyoto-ex.jp/2017/program/researchlight/

山口情報芸術センター[YCAM]「RAM CAMP in Kyoto 2017」

山口情報芸術センター[YCAM] 『RAM CAMP in Kyoto 2017 公開プレゼンテーション』

 

ダンスがプログラミングで進化する

https://kyoto-ex.jp/2017/program/ram-camp/

ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス

ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス 『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』

 

https://kyoto-ex.jp/2017/program/the-childrens-choice-awards/

INFORMATION

日時

2017年10月14日(土)〜11月5日(日)

場所

ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、京都府立府民ホール“アルティ” 、京都府立文化芸術会館、ほか

内容

公式プログラム11 作品(うち、2 作品が東アジア文化都市2017 京都 舞台芸術プログラム)
東アジア文化都市2017 京都 交流プログラム「RAM CAMP in Kyoto 2017」
子ども向けプログラム「チルドレンズ チョイス アワード」
フリンジ「オープンエントリー作品」 31 作品
※そのほか関連イベント、提携プログラムを開催予定

公式プログラム参加アーティスト

金氏徹平、パク・ミンヒ、田中奈緒子、スン・シャオシン、池田亮司 × Eklekto、村川拓也、ハイナー・ゲッベルス × アンサンブル・モデルン、トリシャ・ブラウン・ダンスカンパニー、マルセロ・エヴェリン/Demolition Incorporada、神里雄大/岡崎藝術座、ダレル・ジョーンズ、researchlight

主 催

京都国際舞台芸術祭実行委員会
[京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、
京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター]

チケット取扱

▶KYOTO EXPERIMENT チケットセンター[11:00-20:00、日曜・祝日休(フェスティバル開催期間中は無休)] オンライン| https://kyoto-ex.jp/2017/tickets/[セブン-イレブン引取] 電話予約| 075-213-0820[セブン-イレブン引取] 窓 口| 京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町645 flowing KARASUMA 2F

 

▶ロームシアター京都チケットカウンター[10:00-19:00、無休(臨時休館日を除く)] オンライン| https://www.e-get.jp/kyoto/pt/[要事前登録] 電話予約| 075-746-3201 窓 口| 京都市左京区岡崎最勝寺町13

 

▶チケットぴあ オンライン| http://t.pia.jp 電話予約| 0570-02-9999

 

▶イープラス オンライン| http://eplus.jp/kyoto-ex/ *ファミリーマート店内Fami ポートでも直接購入可能 ※オンラインは年中無休、24 時間受付

セット券

KYOTO EXPERIMENT チケットセンターではお得な各種セット券を取り扱っています。 ※前売のみ。

 

■フリーパス/学生フリーパス【枚数限定】 フリーパス|¥28,000 学生フリーパス|¥15,000 公式プログラムの有料公演11演目すべてをご観劇いただけます(1演目につき1回)。

 

■ 3演目券|¥7,800 公式プログラム有料公演のうち、ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』を除く10演目の中からお好みの3演目を選び、すべて同時に購入することでお得に観劇できるセット券です。

 

■『Black on White』+2 演目券|¥9,200 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』と、それ以外の公式プログラムの有料公演10演目の中からお好みの2演目とを組み合わせてご観劇いただけます。

 

■学生3演目券|¥6,300 公式プログラムの有料公演11演目の中からお好みの3演目を選び、すべて同時に購入することでお得に観劇できるセット券です。(要学生証提示)

 

*KEX半券割 当日受付で、下記の対象公演の観劇済み公演チケットの半券、または対象美術展のチケットをご提示いただくと、公式プログラムの当日券が¥500引き(前売料金)でご入場いただけます。

 

対象公演:KYOTO EXPERIMENT 2017公式プログラム/フリンジ「オープンエントリー作品」/「アジア回廊 現代美術展」 ※半券1枚につき1名、1回のみ有効。当日券のみの取扱で、残席がある場合に限ります。

 

HP

https://kyoto-ex.jp/

GOODS

トップへ