REPORT

堤SXSWへ行く – Day6 –

2017.03.17

堤 大樹堤 大樹

2017年03月14日

 

テキサスは実はアメリカの中でもかなり大きな州で、人口もカリフォルニアについで二番目、面積もアラスカに次いで二番目だ。そのためオースティンだけでなく、他にも飛行機の南アメリカへの玄関になっているダラスや、ジョンソン宇宙センターがあるヒューストン、メキシコと国境を面したエルパソなど街のキャラクターも豊富。今日は他の街にも行ってみたいと思っていたので、最寄りのヒューストンまで車で向かう。

 

レンタカー屋の予約は12時、少し距離があるためタクシーでお店まで行くことに。予約時間ちょうどに着き、お店で予約していた旨を伝えると、「今車がない」と言われてしまった。どうやら車を借りている前の人がまだ戻ってきていないらしい。ただラッキーなことに30分程度で戻ってくるとのこと。実にアメリカらしいというか、とてもルーズだと感じたが、ないものはないのでしょうがない。近所のメキシカンが美味しいというので、ご飯を食べて時間を潰す。

 

 

 

 

このメキシカンは当たりだった。メキシカンでは基本的にお通し的にナチョスが出てくるのだが、どこのお店もチリソースの味が違う。このお店のチリソースが実にうまく、ナチョスだけでもお腹が膨れるくらいずっと食べていた。さらにタコスもランチは2つで5$らしく、激安。アメリカではハンバーガーでも一食10$をこえてくることがあるので、非常にありがたい。なんとこのお店ナチョスもフリーでおかわり自由、飲み物も一杯目のみ有料でおかわりも自由となんとも至れりつくせりだった。

 

 

 

 

 

 

食事が終わりレンタカー屋に戻ると、車は返ってきており、無事に借りることができた。そのまま慣れない左ハンドルと右車線に苦労しながら、出発。アメリカは車道が大きく、車線も別れているものが多いが、その分スピードも出ているので、間違えて反対車線に出たらと思うとゾッとする。ヒューストンまでは約3時間、ハイウェイにて東に向かう。

 

正直アメリカの広さを舐めていたところがあり、Google Mapの予測で3時間ならわりとすぐに着くだろうと思っていたのだが全然そんなことなかった。理由としては法定速度が速いこと。法定速度が約80マイル (=130km) なのだが、慣れない左ハンドルで、知らない土地ということもあり、スピードが出せない。なので常時100kmくらいで走っていたのだが、そのスピードでは予定より時間がかかる。しかも道中になにもない。牧場と牛と馬、テキサスと聞いて思い浮かべるような光景が延々と続いた。写真を撮りたかったが、延々とハイウェイが続き、途中止まることもできずひたすらに道を走る。

 

 

 

途中立ち寄ったWalmart。コンビニなどない

 

 

途中何度か休憩を挟みつつ、無事にヒューストンに到着。本当は少し観光的なこともしたかったのだが、配車が遅れたことや、到着に思ったより時間がかかったことでそれは難しくなった。とりあえずレコード屋がいくつかあるようなので、そこへ向かい、焼いてきたCDを渡していく。それに加え、店員にSXSWのおすすめアーティストも聞いていった。時間的に2店舗しか回れなかったが、どちらのお店も非常に対応がよいことに加え、まだまだレコードの販売がしっかりしていることに驚いた。アメリカではレコードは全盛みたい。

 

 

sound revolution

住所: 21153 Tomball Pkwy, Houston, TX 77070

HP:http://soundrevolutionhouston.com/home

 

Vinal Edge Record

住所:239 W. 19th St., Houston, Texas 77008

HP:http://www.vinaledge.com/

 

時間的に結局二件しか回れずそのまま、オースティンに戻る。慣れていたおかげか、帰りは二時間半程度で到着し、どうしても食べたかった白ご飯を食べるべく日本料理屋へ。寿司推しだが、あまり食べる気にもなれなかったので、肉と野菜の炒め物 (中華) を食べる。味の濃いモノを白ご飯に乗せて食べるの最高。

 

 

 

でも1メニューでこの量はきつい

 

 

一度ホテルで荷物を整理し、ダウンタウンへ戻る。今日は”The Sidewinder”というハコで、Forth Wanderersを見る。行ってみると、並ぶこともなくすんなり入ることができた。どうやら今日はFather/Daughter Recordsというレーベルのパーティーらしい。中で行っているIdle Bloomをちら見して野外ステージへ向かうと、外には人がたくさん詰めかけていた。Vo. Avaはけしてうまくないが、少し鼻にかかったような声がくせになる。人気曲”Slop”が始まると演奏に合わせて、みんなで歌い出し、とても愛されていることがわかるライブだった。

 

 

 

 

その後Mainに向かい、Spoonを見ようと思ったが人が多く中に入れず断念。その他のハコも回ってみたが、どこも一杯で、一緒に列に並んでいた、隣のラリってるお兄ちゃんと話して一日が終了した。

 

 

今日見たバンド

 

Forth Wanderers

 

Ratboys

 

 

堤SXSWへ行く

 

1日目:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day1/

2日目:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day2/

3日目:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day3/

4日目:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day4/

5日目:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day5/

6日目:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day6/

7日目:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day7/

8日目:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day8/

9日目:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day9/

10日目:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_day10/

番外編:http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_sxsw2017_extra/

GOODS

トップへ