アンテナが内部向けに行う予定だったライター講座を一般公開します

 

アンテナが内部向けに行う予定だった、ライター勉強会を一般公開致します。

 

突然ですがみなさんは”いい文章”とはどのようなものだと思いますか?

 

耽美的な文章、エモーショナルな文章、整理された文章……。

 

とかく私たちはアウトプットされた文章そのものに目がいきがちですが、実はその前段階にある「切り口・視点」がいい文章には不可欠です。例え文章の技術が低くても、「アマゾン奥地の誰も見たことがない生き物の話」は読みたくなりませんか?その人なりの「切り口・視点」が読者の「発見・共感」を生み、オリジナリティとみなされていくのです。

 

今回はワークショップも含めて、「いい文章とは何か」を広い視野から考えてみたいと思います。

 

自分の考えを言語化し、人へ伝えることはあらゆる表現の基本となります。

趣味だけでなく仕事にも生かすことができる能力だと思いますので、みなさま奮ってご参加ください。

 

 

出張ライター講座

 

▼日時・場所

8/9(水)19:30-21:30

MTRL KYOTO 2F和室

 

▼内容

前半:座談形式の講義(60分)

後半:実際に文章を書いて発表・添削(60分)

 

▼参加費

¥500+1ドリンク

 

▼申し込み

kyoto.antenna@gmail.com

※お名前を明記のうえ、上記メールアドレスへご連絡お願い致します。

当日参加も可能ですが、人数把握のため事前連絡にご協力ください。

 

▼講師:松葉類

京都大学大学院 文学研究科 博士後期課程/パリ10 ナンテール大学 哲学科レヴィナス哲学を手がかりに、政治哲学、ユダヤ思想を研究。現在、パリに研究留学中。

アンテナライターとしてもコラムの執筆を行なっている。

 

この記事を書いた人

堤 大樹
堤 大樹編集長
何をやるにも言い出しっぺなので、大体最後は自分でやるはめになる。バイタリティのみで世の中を渡り切るべく奮闘中。「ロジカルってどこに落ちてるんですか?」Amia Calvaというバンドでも活動中。

バンド:http://amia-calva.com

最新記事