京都で出版社をつくる(には)番外編 書籍『わたしがカフェをはじめた日。』のつくりかた ゲスト:ホホホ座

京都で出版社をつくる(には)番外編 書籍『わたしがカフェをはじめた日。』のつくりかた ゲスト:ホホホ座
開催日:2016年1月17日

2015年12月にできたamu KYOTO
恵比寿にあるamuの京都拠点として新たにできた場所。amuはデザインやアートの情報発信や、自分自身の生き方を編集し発信刷る場所として機能しています。その遺伝子を引き継いだaum KYOTOでは出版やデザインにまつわること、ローカルに関するイベントなどを企画し、多くの注目を集めています。

そんなamu KYOTOが企画する連続イベント「京都で出版社をつくる(には)」番外編が1月17日に行われます。
この「京都で出版社をつくる(には)」ではホホホ座の山下賢二さん、松本伸哉さんをホストに本のつくりかた、売りかた、出版社のつくりかたを知ることがイベントです。第一回には月曜社・取締役小林浩さん、第二回には共和国代表・下平尾直さんをゲストに出版に関するあれこれを語るイベントになっていました。

今回行われる番外編では、普段ホストとして活躍するホホホ座の2人をゲストスピーカーに、ホホホ座の自費出版作品『わたしがカフェをはじめた日。』の創作の裏側について最初から最後まで全部語っていただくイベントになるそうだ。

本が出来るまで、それがお金になるまでの道のりなどかなりディープな話も聞けるとのこと。本や出版に興味のある方はぜひ参加して欲しいと思う。
「京都で出版社をつくる(には)」番外
イベントページ
https://www.facebook.com/events/535440209953279/

【日時】
2016年1月17日(日)
19:00~21:30(開場18:30)

【タイムテーブル】
タイムテーブル
18:30~ 開場
19:00~ トーク開始
~20:30 終了
~21:00 質疑応答
~21:30 交流

【参加方法】
その①
Facebookイベントページ(このページ)で「参加する」ボタンを押す。

【定員】
上限30名

【参加費】
一般 1,500円
学生 1,000円

【会場】
amu KYOTO
京都市下京区紅葉町364
http://bit.ly/1ITRtbk
京都駅から徒歩10分

好評連続イベント 「京都で出版社をつくる(には)」番外編!
今回は、いつも聞き手に徹しているホホホ座のメンバーをゲストにお迎えして、ホホホ座の自費出版作品『わたしがカフェをはじめた日。』の創作の裏側について最初から最後まで全部語っていただきます。

【内容】
10月からホホホ座さんと一緒に始めた連続イベント「京都で出版社をつくる(には)」は、おかげさまで毎回多くの方にご参加いただいています。

第1回目は月曜社の小林浩さん
第2回目は共和国の下平尾直さん

にお越しいただきました。

お二人からは、出版社をつくるために乗り越えなければならないどのような課題があるのか、また実際に出版「社」としてやっていくために必要なことは何なのか、などいろいろなお話を聞くことができました。

これまで京都で実際に出版社を立ち上げた方のお話を直接聞くことのできる機会はほとんどありませんでしたので、このようなイベントを続けていくことはとても大切なことだと思っております。第3回目以降もいろいろな方をゲストにお呼びする予定ですので、楽しみにしていてください

さて、今回は番外編です。
いつもは聞き手のホホホ座さんにゲストになっていただきます。

みなさんは『わたしがカフェをはじめた日。』という本をご存知でしょうか。
http://gake.shop-pro.jp/?pid=75594454

ホホホ座さんが自費出版したこの本は、初版があっという間に完売し、それに目をつけた大手出版社の小学館から改訂版発売されるいうサクセスストーリーを歩んでいます(絶賛発売中です!)。

本づくりに関する知識はまったくなかったというホホホ座さんが、なぜこのような本をつくることができたのでしょうか。
「素人集団」による本づくりが、なぜこのような成功を収めることができたのでしょうか。

本づくりに興味のある方であれば、ぜひとも聞いておきたいお話ではないでしょうか。

《そもそも本ってどうやってつくるのだろう?》
・企画の立て方は?
・予算ってどれくらい必要?
・取材ってどうやるの?
・DTPって何ですか?
・印刷所ってどうやってみつけるの?
etc.

《つくった本はどやって売るのだろう?》
・本屋さんに持ち込むことはできるの?
・そのために知っておくべきことは?
・いつお金が手元にはいってくるの?
・ネットで本を売るためにはどうすればいいの?
etc.

このような素朴な(でも大事な)疑問を解消するためには、実際に本がつくられて、それが売られ、お金になるまでの流れを「具体的に」知ることがいちばんです。

作り手でもあり、売り手でもあるホホホ座さんこそが、それを語るにふさわしい人物だといえます。

今回は『わたしがカフェをはじめた日。』を題材にして、ホホホ座さんにそのノウハウと具体的な数字を参加者のみなさまに包み隠さず、(極力)すべて公開していただきます。
※かなり具体的な数字の話(お金や部数のことなど)が出てきますので、参加者の方はお聞きになった情報を外部に漏らさないようご協力をお願いいたします。

「本づくりについて何も知らない」という方こそぜひ聞いていただきたいイベントです。

いつもご登壇いただいている山下さんと松本さんに加え、今回はホホホ座さんのデザイナーの早川宏美さんもご登壇いただきます。デザインや印刷まわりについて疑問がある方は、この機会をお見逃しなく。

直接ホホホ座さんにあれこれ質問できるめったにない機会ですので、ふるってご参加ください。
※いつものトークイベントより、人数少な目に設定しております(その分濃度は高めです)。



【ゲストプロフィール】
ホホホ座
http://hohohoza.com/

山下賢二さん
1972年京都生まれ。21歳の頃、友達と写真雑誌「ハイキーン」を創刊。その後、出版社の雑誌編集部勤務、古本屋店長、新刊書店勤務などを経て、2004年に「ガケ書房」をオープン。外壁にミニ・クーペが突っ込む目立つ外観と、「ロマンティックとユーモアが同居する」品ぞろえで全国のファンに愛された。2015年4月1日、「ガケ書房」を移転・改名し「ホホホ座」をオープン。『わたしがカフェをはじめた日。』(小学館)を発売。

松本伸哉さん
1967年生。舞鶴市出身。90年代に中古レコード屋を経営のち、映画のセールス、制作などを手掛け、2011年に京都浄土寺にて古本、雑貨の店コトバヨネットを開店。編集企画グループホホホ座をガケ書房山下らと立ち上げる。2015年には店名もホホホ座に改名。

早川宏美さん

【主催】
amu KYOTO

最新記事