トップページ > 読みもの > ライブレポート > wave of mutilation(波) @ 京都GROWLY 2014.10.04

wave of mutilation(波) @ 京都GROWLY 2014.10.04

top

 

 

 

wave of mutilation(波) -広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~- @京都GROWLY 2014.10.04

 

 

広島vs京都のこのイベント。広島勢トップバッターはwave of multiplication(波)。

 

紅一点のVo山崎の「1,2,3,はいっ!!」というかけ声で火蓋は切られ、それに呼応するかの如くドラムやギターやベースが勢いよくたたみかける。うねる楽器隊と飄々と方言まじりに歌いあげる山崎の奇妙なバランスが怪しげで、心地よい。 あぁ、壊れてしまうよ、崩れてしまうよという私の不安なんてものお構いなしにこれが俺たちだと言わんばかりに進んでゆく彼ら。自己主張ばかり強く、ガツガツくるだけでこっちがもう分かったからという気持ちになってしまうバンドだって少なくない。 ただこのwave of multiplication(波)はそんなバンドとは少し違う。私に対して君はいったい誰なんだ。何もしなくていいのか。と問いかけられているような感じがした。この感じはなんだ。このゾワゾワする感じは。そうだ、これは波だ。突然押し寄せて、また引いて、静かだな落ち着くな、なんて安心してたらまたやってくる。その押し引きを少し悪いことを考えてる男の子のように彼らは楽しんでいた。 ステージを見ている私たちの意識とは関係ない。もっと違う次元でこの体は揺れている。揺さぶられてる。

 

彼らが最後の曲を終えたあと、私は少し自分のことを考えた。彼らのようにこれが自分だと言えるものが私にあるだろうか。私たちは数十分の間京都にいながら遠く離れた広島からの波に飲まれてしまっていたようだ。

 

 

(photo:鷲岡遊)

Profile

アンテナ編集部
アンテナ編集部kyoto-antenna.com
アンテナ編集部です。
京都の音楽やカルチャーの垣根を越えて交流をはかるサイトを作るために日々奮闘しています。

mail:kyoto.antenna@gmail.com

最新記事