トップページ > 読みもの > ライブレポート > ウサギバニーボーイ @ 京都GROWLY 2014.10.04

ウサギバニーボーイ @ 京都GROWLY 2014.10.04

top

 

 

ウサギバニーボーイ-広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~- @京都GROWLY 2014.10.04

 

 

メンバーがその日によって変則的に変わるという異色の形態を持つバンド、ウサギバニーボーイ。所属しているメンバーはざっと10人は軽く越えていたと思うのだが、そこから4~6人が都合をつけてライブに出演するという形をとっている。言ってしまえば中枢人物のVo&Gtタカミヤ以外のメンバーは見るたびに変わっている確率の方が高いだろう……。だが、驚くべきことに彼らはいつ、どこで、どのメンバーで見ても完全にウサギバニーボーイでしかないのだ。

 

この日はコーラスも含めた5人編成での出演。おそらく今日イチのエネルギッシュパワーバンドであろう。笑っちゃうぐらいポップでガチャガチャして男くさいメロウさを発揮してくる「買おう!ヘアケア祭り」に始まり、完全にフロアはウサギバニーボーイの手中に落ちた。2曲目の「素敵な生活」に至ってはサビでフロアから突き出される拳のその数、10本以上。その熱気はフロアにいる客の年齢がなぜかどんどん若返っていくような感じすらしてくる。ここにきての溢れる圧倒的な前のめりエネルギーである。広島に元気づけられてるようじゃまだまだだな、京都!

 

現ギターキッズは勿論、ギターキッズと呼ぶにはちょっと体力なくなってきたぜ、的な三十路のおにいさんたちも聞いたら思わず「うおおおー!」となってしまうであろう程どストレートなギターで始まる4曲目「東京はダモリ」。正直音源よりも生音の方がガツンときた。勿論この曲でも挙がった数々の拳は下がらなかった。

 

 
曲の間奏で雄叫びをあげるVoに応えるように、客もあらゆるタイミングで歓声をあげていたのが印象的であった。とにかくウサギバニーボーイというのはサビが最強のバンドだ。どの曲もどの曲もガツンとくる重量級のサビで、存在感が半端じゃない。これぐらいガツンときてくれないと、本来サビってサビを名乗れないのでは!?ってぐらいに。ギターの変態的な絡みとか、ドラムの曲者感のある入れ方とかも最高に面白いんだけれども、やっぱりその中でド直球のサビが来てくれるのが本当に嬉しくなる瞬間がある。きっと今日のお客さんもそんな風に動かされて拳を掲げていたんだろうと、ほぼ確信できるような文字通りアツいライブであった。

 

(photo:中川亜伊子) 

Profile

山田 和季
山田 和季
チーフエディター。 (頭が悪いから) 歯に衣着せぬ物言いで、最近は「めたくそライター」の肩書もGETしました。ふざけただらしのない文章を好みます。母の鳴く家というバンドで紅一点ギターを弾いていますが、わりと常にエロいことを考えています。

最新記事