トップページ > 読みもの > 編集部コラム > 俺の人生、三種の神器 -堤大樹① 初めてのひとり旅編-

俺の人生、三種の神器 -堤大樹① 初めてのひとり旅編-

oreno_eyecatch

 

▼俺の人生、三種の神器とは?

 

人生の転換期には、必ず何かしらきっかけとなる「人・もの・こと」があるはずです。そのきっかけって、その当時は気づけないけれども、振り返ると「あれが転機だった!」といったことはありませんか?そんな人生の転機についてアンテナ編集部で考えてみることにしました。それがこの「俺の人生、三種の神器」。

 

折角なのでもっとアンテナ編集部員ひとりひとりのことを知ってもらいたい!そんな気持ちも込めたコラムです。これから編集部員が毎週月曜日に当番制でコラムを更新していきます。どうぞお楽しみに!

 

 

 

そうだバルセロナへ行こう

 

 

 

「人生を変えた人・もの・ことを考える」、となった時に一番最初に思いついたのが23歳の時にバルセロナへ行ったことだった。この時の経験が今の自分の「とりあえずやってみるか」精神をを形成している。先にひとつ弁明をすると、この話のスケールは非常に小さく、多くの人にとって取るに足らない話だと思う。それでも初めての海外一人旅は当時の自分にとっては大きな価値があり、ひとつの転機となったため恥を偲んで書き記したい。

 

 

しかし転機とは言っても、実はバルセロナで特別な経験をしたわけではないし、衝撃的な出会いがあったわけでもない。パックツアーには申し込まなかったものの、有名な観光地へ行き、現地のものを食い、人並みの出会いをしたよくある話だ。それでも自分にとって大きかったのは、「バルセロナに一人で行った」という経験だった。

 

 

 

turning_point_tsutsumi

カサ・ミラ

 

 

当時の自分は世間知らずのしょうもない学生で、思い返すと恥ずかしくて顔から火が出そうになる。勉学に励むわけでもなく、バイトも週2程度にダラダラと行い、特に興味のない会社になんとなくで就職を決めた。とにかく面倒なことはしたくなくて、音楽だけは好きだったから続けている状態、絵に描いたような中身のない学生だった。俺は何故こうなってしまったのか?

 

 

 

失敗を恐れている人ほど実は失うものがない

 

 

 

原因はわりとはっきりしていて、苦労することなく中高大と進学し、人生をかけて打ち込むことも特にないので、失敗や挫折も覚えることなく年齢だけ重ねていったことだ。小さい頃から周囲に言われてきた「やればできる子」という根拠もクソもない自信のみが肥大して、そこに元々の「他人の評価を過剰に気にする性格」が拍車をかけた。

 

 

そうなると失敗が怖く、許せない。だから当時絶対に失敗をしないように、失敗しそうなことは全て避けて生きていた。何より質が悪かったのはそのことに無自覚なことで、無意識のうちに「できないこと」には線を引き、「どうすればできるようになるか」に意識や興味が向かなかった。そんな自分にとって、「海外」は関係のないこと筆頭だ。英語なんか喋れないし、日本で生きていけば関係なんかないのだから。

 

 

 

turning_point_tsutsumi_2

カサ・バトリョ

 

 

 

それが急に一人でバルセロナへ行くことになった。はっきりとは覚えていないが、就職を目前にして急にこの先の人生が怖くなった記憶がある。社会人になれば海外旅行へ行く時間もなくなって、見たかったものは全て「見たかったね」だけですませて人生が終わるのではないかと(今思うと全然そんなことはないけど)。こうして仕事が始まる前に最後のモラトリアムを利用して、いそいそと一人でバルセロナへ出かけることにした。

 

 

初めての海外は驚きの連続だった。まず当たり前のことが当たり前にできない。当時はスマートフォンも普及しておらず、手軽に翻訳したり、Google Mapのような便利なものはない。「地球の歩き方」のみが唯一の頼りで、スペイン語にまるっきり触れたことがない自分にとっては、「ご飯を頼む・道を尋ねる・電車に乗る」などの日常の全てにかなりのエネルギーを必要とする。その時初めて「自分が何者でもないこと」を知るとともに、旅先での大小様々な失敗体験が、「失敗すること」に対する恐怖心を取り除いた。

 

 

 

 

「どうせ最初から完璧にはできないし、とりあえずやってみるか」の精神

 

 

 

多くの失敗はあったが、結果として「バルセロナへの一人旅」は非常に楽しい経験として無事に終わった。そしてこの小さな成功体験は「自分にはできない」と、多くのことに無意識に線を引いていたことにも気付かせてくれた。それ以来、今までの人生で多くのことを見過ごしたことをもったいなく感じ、少しでも取り返すべく興味がわいたものには一度は手を出すようにしている。「Try & Error」を繰り返して経験しなければ、自分が本当に好きかどうか、やりたいことかどうか判断ができない。「失敗してもよい」、こんな当たり前のことに気付くのに23年も費やしたと思うと、本当に恥ずかしい。

 

 

しかし、そこから自分の人生が面白くなり始めたことは言うまでもない。

 

 

▼他の人の転機

堤大樹

①初めてのひとり旅

http://kyoto-antenna.com/column/turning_point_tsutsumi_1/

 

山田和季

①シンパシー

http://kyoto-antenna.com/column/turning_point_kazoo_1/

 

岡安いつ美

①Peelander yellow

http://kyoto-antenna.com/column/turning_point_okayasu_1/

 

 

Profile

堤 大樹
堤 大樹編集長
何をやるにも言い出しっぺなので、大体最後は自分でやるはめになる。バイタリティのみで世の中を渡り切るべく奮闘中。「ロジカルってどこに落ちてるんですか?」Amia Calvaというバンドでも活動中。

バンド:http://amia-calva.com

最新記事