トップページ > 読みもの > 旅レポート > 堤手ぶらで台湾へ行く Last Day

堤手ぶらで台湾へ行く Last Day

160505-06-322

 

 

 

5月6日

 

 

 

最終日の朝は早い。帰国の飛行機のフライトは9時なので、7時に空港に着くには6時前にはホステルを出ないといけない。お酒を飲んでいたし、起きられない気がしていたので徹夜で朝を迎える。財布の中は空だが、飛行場への移動はホステルのキーを受け取った時のデポジットの200NTでバスに乗る予定だった。しかし、ここで予想外のことに、朝早すぎたのか受付に誰もいない。当たり前だが、どこにもキーやお金をしまったファイルも見つからず、チャイムを鳴らしても誰も出ない。15分ほど粘ったすえに、このままでは飛行場へ向かうのが遅れると判断し、台北駅から高速鉄道に乗ることにした。高速鉄道の切符はクレジットが使える。

 

 

 

160505-06-321

さようなら台北の町並み

 

 

 

地下鉄も走っていないので、歩いて台北へ向かう。朝はまだ涼しく、空気も日中に比べ澄んでいるように感じる。30分ほど歩き、高速鉄道の乗り場へ。台北→桃園の高速バスは125NTで日本円にして約500円、高速鉄道でも155NTなのでさほど値段に差はない。新幹線みたいなものに20分乗って600円くらいなのだから安いものだ。しかし高速鉄道の場合、桃園からさらにシャトルバスで20分ほど移動する必要がある。ここでも30NT取られるのが少し面倒くさい。

 

 

 

160505-06-330

自動販売機は銀行のATMみたい。クレジットも使える

 

160505-06-336

これが高速鉄道の切符

 

160505-06-333

一時間に3本くらいしか走っていない

 

160505-06-337

シャトルバス

 

 

ここからは大したトラブルもなく、無事に空港へ着き、帰国した。長かったようであっという間だった今回の旅、当初のテーマであった「手ぶら」を忘れるくらいには何も問題のない旅だったように思う。近いし、便利だし、興味のある人はふらっと国内に行くくらいの感じで台湾を訪れてみていただきたい。台湾の人はみんな親日的だし、ここでは伝えられない匂いだとか味はきっと刺激になる。この日はコンテンツが少ないので、台湾の旅で気を付けること・日本との違いをざざっと記しておくので、行く時の参考にしていただければ幸いだ。ちなみに記念すべき一週間ぶりの日本食はラーメンでした。

 

 

 

160505-06-341

空港で食べたバーガーキング。ここまで来るとほっとする

 

160505-06-351

帰国後食べた家系ラーメン

 

 

 

台湾へ行く時に気をつけたいことリスト

 

 

 

・パスポートの残存期間を確認しよう

入国時に3ヶ月以上の残存期間が必要です!台湾は入国審査が厳しいので、フライトすらさせてくれない可能性があるので気をつけましょう!(※イタリアとかはわりとガバガバらしくて、簡単に入れたりするらしい)

 

・右側通行

車は右側通行です!エスカレーターは右側待機です!信号無視もざらなので慣れないとたまに轢かれそうになります。

 

・料理は大体八角が効いているので、苦手な人は苦手かも

うまいとよく耳にする台湾料理ですが、なんでもかんでも口に合うわけではありません!とにかくなんにでも八角を使用するので、八角が苦手な人には少し厳しいかも?あとパクチー。

 

・包にハズレ無し、汁物は日本のものをイメージしない方がいい

日本みたいに出汁文化がないので、汁物は大体薄味に感じるかと思います。あと大体麺にコシがないです。困ったら僕はいつも包を食べます。

 

・ペットボトルのお茶が甘い

東南アジア特有のお茶と付けばなんでも砂糖を入れる文化は台湾にもあります!お茶は”日式”とか”無糖”を選ぶのがベター。

 

・屋台の生物(果物・魚)は鮮度が心配

「行く人もいるけど、地元民はあまり食べないよ」とのことでした!僕は大好きだけど、生魚だけは無理。

 

・便器にトイレットペーパーを流さない

これいまだに慣れないんですが、便器にトイレットペーパーを流すと詰まるのでNGです。たまに忘れて流しても案外流れるので、ちょっとなら問題ないです。

 

・地下鉄内での飲食は罰金なので気をつけよう

駅のホーム、電車内ともにNGです。罰金は結構高くて、1500NT〜7500NTします。飲み物はもちろんのこと、アメやガムもだめで、滞在中何人か旅行者が罰金を払っているのを見たので気をつけてください。

 

・タクシーの運ちゃんは地図が読めないことが多い

地図読めずに結構苦労しました!紙の方がいいかも!あと運転がめっちゃ荒いのと、釣り銭渡してくれない時があるので、小銭はしっかり用意した方がいい。

 

・空気がよくはないので、マスクはあった方がいいかも

結構喉がやられます。

 

・クレジットカードは地元の小さな飲食店以外は大体使える

マスター、ビザ、JTBどれも問題なくいけます。

 

・ビンロウ売りのお姉ちゃんは幻

若いセクシーなお姉ちゃんを期待した方残念でした!大体が場末のおばちゃんです!いるのかな、セクシー姉ちゃん……

 

・夜行性

夜市を見ていればわかるが、台湾の人は夜遅く、朝はわりとのんびりしています。だからライブも21時スタートがざら。

 

・日本語が喋れる人も多いので、初めての旅に最適!良い旅を!

台湾はそれでもまたすぐにでも行きたくなる不思議な国です。治安も良く、親日でみな親切なのでひとりでも安心です。ぜひふらりと訪れてみてください!

 

 

 

次はどこへ手ぶらで行くべきか。

 

 

 

堤手ぶらで台湾へ行く

 

■Day1

http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_taiwan_day1/

 

■Day2

http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_taiwan_day2/

 

■Day3

http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_taiwan_day3/

 

■Day4

http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_taiwan_day4/

 

■Day5

http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_taiwan_day5/

 

■Day6

http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_taiwan_day6/

 

■Day7

http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_taiwan_day7/

 

■Last Day

http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_taiwan_last-day/

 

 

■(関連)堤モロッコへ行く

http://kyoto-antenna.com/column/tsutsumi_morocco_vol1/

 

Profile

堤 大樹
堤 大樹編集長
何をやるにも言い出しっぺなので、大体最後は自分でやるはめになる。バイタリティのみで世の中を渡り切るべく奮闘中。「ロジカルってどこに落ちてるんですか?」Amia Calvaというバンドでも活動中。

バンド:http://amia-calva.com

最新記事