トップページ > 読みもの > ライブレポート > ザ・シックスブリッツ @ KYOTO MUSE 2014.09.28

ザ・シックスブリッツ @ KYOTO MUSE 2014.09.28

 

top

 

ザ・シックスブリッツワンマン“BACK TO TAVERN” @ KYOTO MUSE 2014.09.28

 

 

ザ・シックスブリッツ(以下、ブリッツ)はVo.西島衛を中心に結成された京都のバンドだ。彼らは毎年5月に京都の中心部・四条界隈のライブハウスや飲食店を使って行われるサーキットイベント『いつまでも世界は…』(通称いつせか)の首謀者でもある。今年は過去最大規模、過去最大動員を記録したいつせかを成功させて間もなくアナウンスされたのがこの日のワンマンライブだ。

 

 

ライブは3部構成で行われた。ブリッツは現在メンバーが西島とBa.岩城の2人で、他のパートのメンバーはその都度変化する体制を取っている。この日はドラムにCUSTOM NOISEのタクミ、ギターとパーカッションに西村リョウジュンを迎えたここ最近のレギュラー体制でライブはスタート。1部でとても印象的だったのは「一瞬でも最高の瞬間があれば生きていけるさ」という言葉で始まった“スタンドバイミー”。四つ打ちのリズムから突然リズムが変わり凶暴な曲へと変化するパンクチューンなのだが、最近見続けているハッピーで誰もが踊りだしたくなるようなブリッツの印象とは全く異なっていたのでどきどきさせられた。ワンマンならではの選曲に心が躍る。

 

 

途中2部ではアロハシャツと黒いサングラスを身につけた西島とドラム・西村リョウジュンに加え、ゲストとしてベースにchori band等で活動しているヤス、サックスにLive House nano店長・モグラを迎えた特別編成でのライブが行われた。このゲスト2人が加わることで1部のやんちゃなロックンロールやパンクの雰囲気からは一転、ムードのある空気がフロアを覆った。今のブリッツは柔軟性が高く、様々な姿を見せてくれるから見ていて本当に飽きない。年明けに発売が発表されたフルアルバムから新曲も披露され、フロアを踊らせた。

 

 

 

少しの休憩を挟みステージへ場所を戻した3部では、ほとんど喋らず怒濤の演奏を披露。途中ステージ前ではモッシュやダイブが起こる激しい一幕もあった。アンコールでは「もう曲ないんだよね」と西島が笑い1部でも演奏した“夜とダンス”でシンガロングを誘う。会場が一体になる瞬間の多幸感は他の何ものにも代え難いものであった。

 

 

 「希望の話をしよう」

 

ブリッツはそんな途方もないことを叫び続けてる。私たちの明日に果たして希望なんてあるのか?それともないのか?……そんなこと頭で考えても答えの見つかることではない。希望は誰の目の前にも存在しているはずだ。その希望を意識することをブリッツのライブでいつも思い出さされる。私は彼らが提示してくれた希望の光のその先にあるものを見てみたい。だからこれからも彼らを追いかけ続けたいと思う。

 

最新記事