トップページ > 読みもの > 特集 > ナノボロフェスタ2014 -day.1- 2014.08.30

ナノボロフェスタ2014 -day.1- 2014.08.30

top

 

 

 

ナノボロフェスタ2014 @Live House nano/ラクボウズ/喫茶マドラグ 2014.08.30

 

 

ナノボロフェスタ、トップバッターは京都発群馬経由京都行きスーパーポップバンドsuperfriends!なんとこの日のセトリはtwitterで公開済。のっけから「Because of you~♪」と歌いだす人続出のかなりゴキゲンなスタート。一句一音からピュアネスが溢れだしてくる、それがsuperfriendsだった。
 

 

続いては愛すべき大阪のハードコア・パンクキッズManchester school≡だ。なんだこれ!なんだこれ!開始20秒で最前列はクラッシュ状態。その後も熱量は後ろまで拡大していく。「俺が狂ってるかお前が狂ってるかだ!!」いや、全員だよ!彼らの言葉も演奏もまさに「剥き出し」という言葉がぴったりで、この日一番の暑苦しさだったかもしれない。

 


Manchester school≡

 


今やあらゆるイベントにひっぱりだこのTHE FULL TEENZ。ボロフェスタ本祭にも出演が決まっている。「夏は終わるし、貯め込んだ青春もいつかは終わるんだ」とでも言いたげなライブ。しかしそのコーラスサウンドは限りなく青春に似ていて、青春よりももっともっとベタっとした匂いがした。

 

続いては女性Voと男性Gt.Voからなるアコースティックデュオ・花柄ランタン。鼻をくすぐる珈琲の香り、マドラグでの一番手だ。雨上がりで少し蒸した部屋の中で女性Voの民謡的な歌声がふわっと広がる。ノスタルジーに浸るにはまだ時間が早いんじゃないの?!なんて思いながら、ここまでの流れとは対照的にゆっくりとした空気が流れた。

 

京都の誇る詩人choriが、今日もお馴染みのバンド隊を連れての登場だ。言葉が持つ、「意味」以外の意味。そんなものを武器にする怪物みたいな音楽に対して、言葉でレポートすること自体ナンセンスな気すらする。彼の手にかかれば最高のグッドミュージックも限りなく「言葉」に近い音楽に変わってしまう。しかし彼は「音楽になりたい」と言葉を紡ぎ続けていた。

 


よしむらひらく

 

東京からやってきた至高のポップネスの持ち主、よしむらひらく。どこを見つめる訳でもなく、しかしドキッとする程まっすぐな眼差しで彼は歌い始めた。ときたま少しだけそっぽを向かれてるような、でも真っ直ぐ向かってくるようななんだが危うい気持ちにさせられた。ああ、心の均衡を崩される。よしむらひらくに少しずつ、じわじわと崩されていく。

 

9月からnew albumのリリースツアーで全国を周っているROTH BART BARON。まるでファンファーレのようなホーン隊。ただのハッピーではなくもっと高貴な、贅沢な、柔らかな祝福感に包まれていく。一音一音どれをとっても贅沢なのだが、一番はやはりVoの声なのだから凄まじい。とろけた夜の海で、ただぽっかりと浮かびつづけているような気分であった。

 


白波多カミン


前のバンドの演奏が終わり切らぬうちからのマドラグは満員。その正体は京都出身、現在は東京に拠点を置くSSW白波多カミンだ。日常的でドラマティックな歌詞だとか、眉間に皺を寄せたかと思えば次の瞬間には柔らかな表情で歌っているところだとか、数を挙げればキリがないほど、彼女のすべてから人を惹きつけるものが発されているのが分かる。なんだ、この生き物、最高。そう、白波多カミンは生き物でした。

 

続いては4人組ロックバンドAmia Calvaだ。今年はなんとボロフェスタ25・26日両日の出演が決まっている。一曲目から爆発力のある曲で幕を開けた。序盤のおいしいリードギターに全振りなのかと思わせておいて、曲の中盤でそれを越えるドヤバい展開つけてくるんだからニクいのである。加えてどうしようもなく揺らしてくるリズム隊のせいで変な体の揺らし方をしてしまう。なんて気持ちの悪いバンドだ!

 

京都のアンダーグラウンドシーンを牽引し続けてきたエレクトロ・ハードコアロックバンドFLUID!延々と鳴り続けるギターとベースのリフレイン、ライブ自体もほぼMC無しに息つく暇も与えてくれない。どうしてくれるんだろうか、この攻撃的なフロアを!責任取ってくれ!これぞFLUIDと言ったようなライブだったが、そもそも彼らを表す言葉が見つからない。あまりの唯一無二感に!

 

日が短くなったなぁなど、そんな事を考えていたらゆーきゃんが始まる。もはや説明不要、誰よりもボロフェスタを愛し、誰よりも愛されているであろうSSWだ。自らの歌声に耳を澄ますように、やさしく彼は歌う。「せつないことがあると、曲がたくさんできる」と語る彼だが、きっとこれからは京都へ届く彼の曲を聞いて、私たちはせつなくなってしまうんだろう。

 


WOW WAR TONIGHTS

 

彗星の如く現われた異色のオジサン・アイドル・パフォーマンスユニットWOW WAR TONIGHTSが登場。なんで一人ふつうにイケメンおるねん!おかしいやろ!しかも一番踊り上手いし!ぶっちゃけ一体感生まれすぎててライブ中にレポなんて取れなかったから!最後にB’zでの指名パフォーマンスを頂きましたけど、今となってはもうボロフェス前夜祭での彼(イケメン)の雄姿が気になって仕方がないです。

 

 


花泥棒

続いてはこの夏ついに京都から東京へと活動の拠点を移したオルタナ・ポップバンド花泥棒。なんでこの二人の瞳はいつもこんなにもキラキラしているのか。眼だけじゃないな、すべてがキラキラしていた。この日はサマー&サマー&サマー!な花泥棒であったがもう夏も終わるし、これからの花泥棒がどうなっていくのか、季節が巡ってくるみたいな楽しみが見えた。

 

この日のトリを飾るのはいまや飛ぶ鳥を落とし続けている男女混合インディーポップバンド、Homecomings。転換時からフロアには人がひしめいて身動きが取れない状態!一曲目のアルペジオが流れると同時にフロアからは歓声が。そして曲の終わりには沸くような拍手が!淡々と、しかし何よりも軽やかで、どこかちぐはぐな……総括すると彼女・彼たちは最高にクールでした。


homecomings

初参戦のナノボロフェスタだったのだが、今の時代いくらでももっと多くの音楽に出会えたり多くの観客が盛り上がるイベントはあるはずだ。しかしここまで観客・出演者・運営陣の「ナノボロフェスタ」というイベントそのものに対しての思い入れをひしひしと感じられるものはそう多くはないなと感じた。はじめて参加した私ですら、その気持ちの良い輪の中のひとりになってしまったような感覚に陥ってしまう程だった。

 
(photo : 岡安いつ美)

Profile

山田 和季
山田 和季
チーフエディター。 (頭が悪いから) 歯に衣着せぬ物言いで、最近は「めたくそライター」の肩書もGETしました。ふざけただらしのない文章を好みます。母の鳴く家というバンドで紅一点ギターを弾いていますが、わりと常にエロいことを考えています。

最新記事