トップページ > 読みもの > 特集 > 【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】THE FULL TEENZ / ニーハオ! / 花泥棒

【ボロフェスタ2015 Day2 / Underground stage】THE FULL TEENZ / ニーハオ! / 花泥棒

【ボロフェスタ2015/Underground stage】THE FULL TEENZ/ニーハオ!/花泥棒 2015.10.25 @ KBSホール

 


 

 

■THE FULL TEENZ

 

THE FULL TEENZ

 

 

2日目のUnderground stageは、京都発の3ピースバンドTHE FULL TEENZの登場からスタート。疾走感あふれるナンバー“Sea Breeze”や“Red Shirt” など、1st Albumからのナンバーを次々と披露した。ステージとオーディエンスの距離が近いUnderground stageならではの距離感が、さらに熱気と盛り上がりを高めていく。自由にリズムをとり、身体を揺らすオーディエンスたち。彼らがどれだけ待ち望まれ、歓迎されているのかがその空気感で伝わってくる。 

「インディーとかメジャーだとか、そんな垣根が解けた時、もう一度あなたと会いたいです」というVo/Gt伊藤 が語ったMCを含めて、“魔法はとけた”では、決して物理的だけではなく、心の距離をグッと縮めたいということを彼ら流に教えてくれたように思う。終盤には昨年同様、彼らの代名詞ともいえる“夏の想い出”をも披露し、颯爽とステージを後にした。 

 


決して長くはなく短時間に凝縮された彼らの楽曲を表すのなら“少年少女時代に巻き戻してくれる小旅行”。だから彼らのステージを観ているともっと聞きたいという寂しさではなく、爽快感や心地良い余韻が残るのだろう。どこか懐かしくも切なさが、私たちの忘れかけていたあの日の青春を思い出させてくれた。

 

 

 

 

■ニーハオ!

 

ニーハオ!

 

 

関西出身のガールズデュオ、ニーハオ!に昨年LA在住のメキシコ系双子が加入したというニュースもまだ耳に新しい。地下ステージにセクシーなファッションで現れた四人は最初から観客の度肝を抜いてくる。ギター、ベース、フロアドラム、ドラム&サンプラーといった視覚的にも興味を抱かせる編成をしている彼女らの演奏はなんといってもセクシーでパワフル。女性四人なのでいわゆる「ガールズバンド」で、男性には出せない色っぽさがあり、日本語、英語等々が混ざる歌詞には純粋に音を楽しめる仕組みにもなっているし、高い声もそれぞれの個性があり独特の絡み合いがある。一曲目が特にその色を強く反映しており、サンプラーでトラックを流しそれにあわせて全員がラップのような感じで歌うといったもので、初めて見る人なんかとくに「えっ?!」となるだろう。もしかしたらそれも計算ずくなのかもしれない。 

 


BLUE YUKARIはしきりに「ありがとう!」と叫んで満面の笑みを浮かべる。彼女らにステージもフロアもなく、フロアドラムを客側に持ち出し演奏する。曲も形式張っておらず、天真爛漫に好きな音を掻き鳴らしているという風だ。しかし決して破綻しているわけではない。彼女らの表したいものが力強く曲に反映されている。  

 


最後の曲ではベースのGOLD JENNIFERを「アニキ」と呼んで始まった。一番バンドらしい曲であり、ハチャメチャな演奏をしている。RED ARIKOは下着姿でフロアを駆けまわりながら歌い、いつ何時でも笑顔を絶やさない。衣装も込みでセクシーでめちゃくちゃ渋い彼女らなのだが、乙女心がその笑顔の裏に見える。音楽を純粋に楽しんでいる彼女らの笑顔は、ボロフェスタで一番輝いていただろう。

 

 

 

■花泥棒

 

花泥棒

 

 

京都で活動を開始し、現在は東京に拠点を移して精力的に活動している花泥棒が今年もボロフェスタにやってきた!昨年は京都METROでの出演だったが、今年はKBSホールのUnderground Stageに登場。 

 


「豊かだなと思って歌えよ!」とMCの土龍に気合いをもらい“1987”からライブをスタートさせた。少しはにかむようなVo/Gt 稲本の表情からは「この日をまた迎えられて良かった」といったような想いが伝わってきた。間髪入れずに次の曲へ。1曲目の爽やかな曲調とは裏腹に「アイヤイヤー!」と叫んだかと思えば「これがボロフェスタだー!」とこの日のステージの開幕宣言!無邪気に飛び跳ねながら“デイドリーム”の演奏を始めると観客からも歓喜が湧いていたのが印象的だった。これぞ、相思相愛。 

 


「ボロフェスタは僕にとって青春映画のような感じ。正しいものが負けるのを見たことがない」「自分がかっこいいと思うものしかやらないのでこれからもよろしくお願いします」と稲本がかっこつけるでもなく、真っ直ぐに語った。このMCの後に演奏された“渚”では、ステージに立つメンバーが一際輝いていたように見え、夏はもう終わってしまったけれど、それはまるで夏へと巻き戻してくれるような爽やかさであった。耳馴染みの良いサウンドとキャッチ—なメロディセンスで爽やかな風が吹き抜けるかのような約45分の贈り物を届けてくれた。

 

 

(Text:稲本百合香) 

(Photo:岡安いつ美)

最新記事