トップページ > 読みもの > 特集 > 【ボロフェスタ2015 Day1 / 1st stage】パスピエ / フレデリック / 在日ファンク / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団

【ボロフェスタ2015 Day1 / 1st stage】パスピエ / フレデリック / 在日ファンク / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団

【ボロフェスタ2015/1st stage】パスピエ/フレデリック/在日ファンク/奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 2015.10.24 @ KBSホール

 


 

 

■パスピエ

 

パスピエ

 

 

“つくり囃子”のきらびやかなサウンドが響く中、目にも鮮やかなフレッシュグリーンの衣装をまとい平安貴族のようなたおやかさでステージをひらひらと飛び回るVo.大胡田なつき。「わ、モノホンだ!」と思わず声を上げてしまわずにはいられない。未だ謎に包まれた部分の多いこのパスピエというバンド、完璧にパッケージングされたステージが圧倒的だった。ちょっとやそっとのことでは崩れそうもない美意識が随所に感じられる。ライブ後半の”トキノワ”では全作曲を手がけるKey.成田ハネダのコーラスがどこも寸分の狂いなくはまり、”S.S.”のテンションを保ったまま”トロイメライ”へと、全部の音が鋭く突っ込んでいく。その間もあくまでエレガントな所作を崩さない大胡田。ほんとに人間なのか!?小気味よい”シネマ”のノリ感から、ラストの”MATATABISTEP”まで、ハイスピードでハイファイな幻想の世界へ、こちらを引き込んでくれた。

 

 

■フレデリック

 

 

リハの時点でぐいぐいと前に迫る客!リハなのに拍手喝采!リハなのに踊り狂う若い男女!「それじゃあ後でな!」と言い放ち、一旦ステージを去る4人……はああ、もうみんな目がハートだよ!SEと共に再び姿を現した4人。「関西から来たフレデリックです!よろしく!」1曲目からエクスタシーすら感じる持って行き方で“オドループ”を披露。特徴的な少しエレクトリックさを感じるギターリフが刻まれるとテンションはMAX最高潮!!早々にGt.赤頭隆児とBa.三原康司はモニターの上に乗り上げて、もはや観客とゼロ距離。くーっ、絵になる!!前から10列分ぐらいはフロアの客がまるごと踊り狂っているというまさに「踊ってない夜を知らない」幕開け。そのまま間髪いれずに”DNAです”へ。展開の読めないトリッキーでくせのあるサウンドにみるみるフロアは巻き込まれていき、まだまだ快感的で変則的なステージは続いていく。

 

 

“ディスコプール”ではもはやステージ上から煽らずとも、観客自らイントロのビートに合わせてにぎやかしいハンドクラップを鳴らし始める。フロアが完全に地に足がついていない。浮かれまくっている!「踊れる準備はできていますか?!」とのMCに「え?!もう準備万全どころかすでに踊りまくってますけど!!」って感じ。まだまだ踊らせ足りないってか!!ディスコ・サウンドを彼らなりのJ-POPへと昇華させているこの曲、4つ打ち・ベースのオクターブ音・手拍子なんて揃っちゃったらもう細胞レベルで踊るしかないでしょ。はい、役満。この展開にもう誰も逆らえませんよ。演奏が終わるなり「ボ・ボ・ボロボロボロフェスタ~♪」とドリフの大爆笑のメロディで歌い始めるBa.三原康司……その後しっかりワンコーラス分の替え歌を歌いきったわけだが、要約すると念願叶ってボロフェスタに出れてよかった!とのこと。それにしても美声だ……。そのまま関西初披露となる新曲”トウメイニンゲン”へ。11月に発売される新譜からのリードトラックだ。なんともキャッチーでどストレートな1曲。フレデリックの楽曲たちはどれもこれもひと癖もふた癖もあるサウンドなのに、歌詞に至ってはガツンとひとつのテーマが込められていることが伝わってくる。「俺らが音楽業界のドまん中に立って、ボロボロになるまでやってやるぞ!」と頼もしすぎる一言を放ったあとの”オワラセナイト”。その言葉通りのものを見せてくれたし、まだまだ見せてくれよ!とフロアからも期待充分の反応。最高の心のコール&レスポンスで幕を閉じた。

 

 

■在日ファンク

 

在日ファンク

 

 

これほどまでにボロのステージがグラマラスに光ったことがあっただろうか。深紅に照らし出された緞帳と金管のコントラストをバックに、一曲目”根にもってます”からキレッキレのマイクスタンドさばきを見せつけるVo.浜野謙太。パーフェクトにセットした髪がバラけんばかりのダンスには、ファンならずとも釘付け絶対不可避だ。自己紹介代わりの”マルマルファンク”をお見舞いしたあと、新曲”ぽいぽい”ではサックスの後関好宏が真ん中に躍り出て、これでもかという流麗なソロを披露。MCではメンバーどうし二条城への愛を語って盛り上がり笑いを誘ったと思いきや、軽快な立ち上がりからアップテンポな楽曲の連続で、緊張と弛緩を自在に操るパフォーマンスはこちらを一瞬たりとも飽きさせることがない。「NJJ(二条城)」コールでしっかりMCの伏線を回収するあたり、パフォーマンスの隅々まで行き届いた「楽しんで、楽しませる」ことへの意識の高さが感じてとれる。ラストを飾った”場”の曲中に、ハマケンが叫び歌った「じじいやばばあになってもみんな集まろうね!!」という言葉、ぐっときてしまったのは私だけじゃないはず。またここで集まれますように!そこに変わらずいい音楽が鳴っていますように!と、その場の想いが一体となるドラマティックな光景が胸に灼きついた瞬間だった。

 

 

 

■奇妙礼太郎トラベルスイング楽団

 

 

シンセとピアノの2人がステージの端と端で向かい合いながら音をぐるぐると反復し続ける。心地よい轟音に包まれながら続続とメンバーが壇上へと登場し幕を開けた。「Ladise&Gentlemen!!!!Boys&Girls!!!!」とのかけ声でフロアは一気にダンスパーティ会場へと姿を変える。”DEBAYASHI ALL NIGHT”開始10秒でギターの弦が切れるというトラブルもあったがそんなことは1ミリの問題でもない!テンションの下がりようがないぐらいこっちは興奮に満ち満ちているのだから!2曲目”どばどばどかん”からやっとこさ奇妙礼太郎のおでまし。もはや音源とはちょっとした別verだよね?ってぐらい超超超アップテンポのたぎるような演奏。個人的な例えではあるが、スカパラと忌野清志郎の最高の部分を絞り出してそこにお祭りをブチ込んでみました!割りません!っていう感じの最高のステージ。なんと贅沢で豪華なステージであろうか……観衆たちも我先にと飛びつかんばかり。大人たちのステージのはずなのに、どう見ても無茶やんちゃばっかりのステージでわくわくドキドキしてしまう。まるでテーマパークの寄せ集めみたいな楽団。

 

 

フライングVに持ち替えた礼太郎も本当にやんちゃな大人の顔をしててドキドキさせられた。”カトリーヌ”ではサックスソロ中に「あー?そんなもんかー!?」と煽りに行く礼太郎……ってそんなの普通ある?!輩かよ!!と思わずツッコんでしまう。ってか多分べろんべろんの酔っぱらいだよね?続いての”愛の賛歌”では「もう大人になっちゃったけど子どもの頃からずっと『愛ってなんだろう?』って思ってたんだけど、愛ってなんですか?あなたたちは誰かに教えてもらえましたか?誰か教えてくれませんか?」とそんなMCからしっぽりと始まる。ギターを下ろし熱唱するその姿は美しく、凄まじかった。「愛についてお伝えしましたがいかがでしたか?現場からは以上です。」などと茶目っけたっぷりに締めくくる。

 

 

ラストソングは観客の手拍子の中じわじわと始まるビールの歌…!「ぐでんぐでん~べろんべろん~!」との熱烈なコール&レスポンスが終始続くが、それがなんと最高に楽しいことか!飽きない!ジャムセッション的なやりとりも交えながらも完全に酔っぱらいのピークタイムを迎える。そのまま観客たちのレスポンスはアンコールの声へと変わり、真っ暗闇のKBSホールへと帰ってきた礼太郎。”男と女”のシビれるギターリフが響き渡る。ここで本日、引っ張りに引っ張ったステンドグラスがやっとこさ開帳されるとなんとフロアの最後方からいつの間にやらホーン隊が演奏しながら観客の波をかきわけかきわけステージへとやってくるではないか!あれだけ既にどうしようもなく盛り上がってたのに上の上の上を超えてきやがった。更に加えて演奏中にフリーハグの看板を持ってフロアを周回したり…観客はもう笑顔で手を挙げるしかない。音楽の力はもちろんなのだけど、この”奇妙礼太郎トラベルスイング楽団”の魅力というのが完全に凝縮され尽くしたアンコールであった。百聞は一見にしかずよ。

 

 

(Photo : さいとうまゆみん (パスピエ)、fujimari (フレデリック、在日ファンク))

Profile

アンテナ編集部
アンテナ編集部kyoto-antenna.com
アンテナ編集部です。
京都の音楽やカルチャーの垣根を越えて交流をはかるサイトを作るために日々奮闘しています。

mail:kyoto.antenna@gmail.com

最新記事