トップページ > 読みもの > 特集 > ボロフェスタ2014 day2-9m stage編-

ボロフェスタ2014 day2-9m stage編-

top
 

 
 
 
 
【Center stage】ゆーきゃん
 
 
本祭一日目、バンド形態のライブセットでBee-Lowステージに暖かな夕べをもたらしたゆーきゃんがcenterステージにソロで登場。左右を愛しの愛DOLL BiSが固めるシュールな舞台セッティング、客席前方には続いて登場するプラニメのファンがガッツリ待機しているというボロフェスタならではの混沌とした光景が広がっていた。
 
 
”サイダー”、”0764”などの楽曲に加え、ボブ・ディランの”くよくよするなよ”のカバーも披露、京都に慣れ親しんだ人にはもはや生活の一部と化しているであろう、静かな重奏のような彼の歌声がホールにゆったりと響き渡った。このイベントの最重要人物ともいえるゆーきゃん、2003年の開催直前に作ったという”明けない夜”で最終日の幕開けをそっと、しかし誰よりも力強く祝福してオープニングを飾ったのだった。(text:高石瑞希)
 
 
 
【Center stage】プラニメ

プラニメ
 
 
カミヤサキ(ex-BiS)とミズタマリ(ex-いずこねこ)からなる2人組ユニット、プラニメが最終日の一番手を務める。最終日ということもあってすでにたくさんの人が会場に集まりプラニメの登場を待ちわびていた。そしてMC土龍の煽りとともに、ボロフェスタ最終日が始まりを告げる。
 
 
ステージに登場したプラニメは、アイドルの持つ女の子の愛らしさとは一転、強さを象徴していた。曲だけでなく振り付けや彼女らの声からもその強さは受け取れる。2曲目は9月30日にリリースしたばかりの1st singleから”Plastic 2 Mercy”。はしごでステージの上に登り、どんどん煽りを入れると、フロアは一体感を増していく。気づけば、フロアは人で埋まり、前だけでなく後ろのほうでも手があがる。
 
 

 過去は超えられないと言われ続ける彼女らの自らとの戦いは彼女たちを強くさせ、その強さは彼女たちの自信へとつながっていくだろう。大盛り上がりを見せたプラニメ。初のボロフェスタであり、初の京都でのライブは成功を収めた。(text:アンテナ編集部)

 

 

 

jizue

 

jizue
 
 
ギター、ベース、ドラム、ピアノこの4つの楽器で結晶のような音楽を紡ぎ出すインストバンド、それがjizueである。ピアノの柔らかい光のようなメロディが印象的な曲からライブは始まった。その気持ちよい空気にずっと体をゆだねていたいと思える心地よい空間を作り上げる。
 
 
先ほどのゆったりとした曲とは一変、ドラムが打ち出すビートがだんだんと早くなり激しくなる曲へ。周りの熱量もそれに比例し、体を揺らし始める。Pf.片木は体を前のめりにさせ情熱的にピアノを鳴らしている。Pf.片木とDr.粉川が向かい合うようにセットが組まれ、見つめあう姿は2人とも負けん気強いこどもの様な表情を浮かべていたのが印象的だ。そんな風に無邪気に壮大な音塊を生み出す、まるで彼らは音で遊んでいるように見えた。ラストの曲では4人それぞれが速弾きのソロ演奏を披露し、会場からは大歓声があがる。最後の一音までもが全身全霊で一瞬の狂いも見せない演奏は圧倒的であり、終わった後もこの場からなかなか離れることができなかった。(text:アンテナ編集部) 
 
 
 
 
大森靖子&THEピンクトカレフ

大森靖子&ピンクトカレフ
 
 
会場に入った瞬間、ステージ前には人、人、人。ステージの真ん中に立った彼女はギターをギャンギャンと弾き鳴らし、殺気立つハイトーンボイスをフロアいっぱいに響かせていた。そう、彼女とは大森靖子のことである。“Over TheParty”ではシンガロングが起こり、彼女は完全にこの空間を支配。MCで「セトリなんて変えればいいんだよ!」と言いそこから会場の空気が一変。爆発したみたいに会場の熱量が一気に高まり、大森は勢いよく客席にダイブする。そのあとの“きゅるきゅる”や“絶対彼女”との流れでフロアには張り詰めたような緊張感が充満。瞬きするのも忘れるくらい彼女の圧倒的な歌唱力に呑み込まれたような気分であった。
 
 

音楽という表現方法で自分の心の奥そこを隠しもせずこれでもかと見せつける。10年代における新しい表現者として今後もますます彼女から目が離せない。(text:アンテナ編集部)

 

 

 

八十八ヶ所巡礼

 

 

「八十八ヶ所巡礼による!貴様らのための!!攻撃的国民的音楽!!!」Ba./Vo.マーガレット廣井の一声で泣く子も黙るプログレショウが幕を開ける。このフェスティバルで最も浮世離れしたその演奏テクニックとエキセントリックな存在感。実は老若男女に愛されるキャッチーさまでも兼ね備えた彼らのパフォーマンスは圧巻としか言いようがない。

 

 

Gt.Katzuya Shimizuの超絶技巧が全編にわたり流麗に展開されるなか、ライブ中盤の”仏滅トリシュナー”で観客を沸かすと、Dr. 賢三の骨太ソロプレイでねじ伏せるようにこれまた中毒必至の”PALAMA JIPANG”へとつないでゆく。曲中アンプによじ登り、してやったりの表情を浮かべるマーガレット。キャラ立ち甚だしい3人が織り成すグルーヴにホールは支配され、ラスト”日本”ではまさかの国歌斉唱。妖艶さと凶暴さ、浮き浮きとバキバキが渾然一体となる地獄の祭りを目の当たりにした気分だ。(text:高石瑞希)

 

 

 

odd eys×contact Gonzo

 

 

京都のodd eyesと新進気鋭の破壊的パフォーマンス集団contact Gonzoの奇跡のコラボレーションが実現した。初めに言っておきたいのだが、ものすごいパフォーマンスであった。

 

 

中央フロアに突如現れたのは大量の段ボール箱。それを塔のように積み上げ、フィールドを作り上げる。さらにフィールドを囲むようにバンドセットが配置された図を見たときは、この後何が起こるのか全く想像ができなかった。odd eyesの激しく凶暴なサウンドが鳴り出した途端、contact Gonzoが暴動のようなパフォーマンスを始めた。一触即発で殴り合い、タックルのような体当たりを屈強な男たちが何度もしつこく続ける。一人が飛び蹴りを食らわせたかと思いきや、連鎖反応のように同じ人に次々と飛び蹴りが食らわされる。さらには用意された段ボールを全員でぼこぼこにし、観客に向かって投げつけ、威嚇を繰り返す。暴動さながらの殺気放っているが単なるモッシュとは違って、全員が怪我をしない暴れ方を熟知している動き。それはある種ダンスのようだ。彼らのパフォーマンスこそ最先端の芸術作品であろう。

 

 

今までに見たこともないようなパフォーマンスが繰り広げられ、ただただ呆気にとられてしまった。激しい嵐のような時間はアッと言う間に過ぎていった。まさかこんなパフォーマンスをボロフェスタで見れるなんて思ってもみなかった。彼らの奇跡のパフォーマンスは多くの人の記憶に衝撃として残されたはずだ。(text:岡安いつ美)

 

 

 

Limited Express(has gone?)

 

Limited Express(has gone?)
 
 
ボロフェスタ主催のGt/Vo.JJの在籍する、ボロフェスタに欠かせない存在Limited Express(has gone?)が9mステージに現れた。と思ったのもつかの間、一曲目から脳の処理が追いつかないほどのお祭り騒ぎである。Vo.YUKARIの叫び声を引き金にフロアはモッシュでパニック状態、メンバー全員が楽しそうに演奏する反面MCでは「風の吹きが足んねえんだよ!」とBa.谷ぐちがフロアもメンバーも煽り、さらに熱量は加速する。
 
 
YUKARIがステージでもフロアでも縦横無尽に走り回り髪をかき乱し、あんなに叫んで酸欠になるのでは、と一周回って不安になるほど圧倒的に声を張り上げてる傍らで、同じように踊りながら演奏している楽器隊がなんとも渋い。最後の曲ではフロアにいる人間をステージに乗れる限り乗せ、最初は遠慮し困惑する人たちも登ってしまえば、またそれを見届けてしまえばもうリミテッドエクスプレスの虜だ。満員電車のようにパンパンになったステージで暴れるお客さんと顔をほころばせながら演奏しているメンバー。爆発するような大盛り上がりを見せ、JJが「来年また会いましょう」と満面の笑みで告げた。(text:うえこ)
 
 
 
 
川本真琴withゴロニャンず

 川本真琴withゴロニャンず
 
 
セクシーなランジェリーみたいな格好と頭にデビルカチューシャをつけて登場したのは川本真琴。キュートな歌声とともに愛らしい子供みたいな笑顔を客席にふりまいていた。途中川本が話しているのにも関わらずゴロニャンずのGt.三沢が中島みゆきの“悪女”をBGMとして歌いだす場面もあり、会場からは爆笑が起こった。勢いづいたままダンサブルなナンバー“DNA”を披露。“まわってまわって”では会場の一体感がぐっと増し、みなが手のひらを天井に向け体をゆらゆらと揺らしていた。それはまるで見えないものを触れようとしているように。
 
 
 最後は“やきそばパン”をプレイ!グルービーにかき鳴らされるギターと安定感のあるリズム隊とともに彼女の小悪魔的歌声が攻撃的に私たちにシャワーみたいに降ってくる。それはそれは気持ちの良いノリノリな雨だ。彼女は気持ちよさそうに何度も「Yeah!」と叫んでいた。帰り際には「ごめん、京都また来ていい?」とこの言葉が何よりも思う存分この瞬間歌いつくし遊びつくし楽しんだ証拠だろう。(text:アンテナ編集部)
 
 
 

Profile

アンテナ編集部
アンテナ編集部kyoto-antenna.com
アンテナ編集部です。
京都の音楽やカルチャーの垣根を越えて交流をはかるサイトを作るために日々奮闘しています。

mail:kyoto.antenna@gmail.com

最新記事