トップページ > 読みもの > 思い耽る瞬間 第4回 飛びに行ったお話【後編】

思い耽る瞬間 第4回 飛びに行ったお話【後編】

ras_column_top

 

 

 

こんにちわ、ラスです。

前回から2ヶ月ほど経っちゃいました、もうほんの少し秋の空気になってきましたね。

今回は前回のバンジージャンプのお話の続きです。

 

 

 


 

前半はこちら

http://kyoto-antenna.com/column/omoihukeru_vol3/

 

前回のお話

アベフミヒコの発案をうけて、なんとなく呼びかけて集まった7人で行くバンジージャンプの旅。

南知多グリーンバレイで7人全員無事にバンジーをジャンプしたのでした。

 


 

 

 

第4回 飛びに行ったお話 後編

 

 

 

さて、バンジージャンプの次はこのグリーンバレイにあるもう1つの絶叫系乗り物「スカイコースター」に挑戦。

間髪入れずに向かう7人。

 

 

 

1

 

「おおおおおぅぅぅ…」

 

 

 

バンジージャンプは20m、このスカイコースターは30mで、10m高い……

上まで吊りあげられて振り子のようにブラーンブラーンする乗り物。

 

 

 

 

2

 

 

 

スカイコースターは最大3人で一緒に振り子になれるので、ここで順番とチーム決め。

スパゲットー上田は、前回違う企画で来た時に乗った、ということで辞退、カメラ係になってくれました。

となると6人なんで2組に分かれます。

 

 

 

 

先 ー アベフミヒコ、タッシー、ムッティー

後 ー ラス、北小路直也、今村達紀

 

に決定!

 

 

 

3

 

 

 

もちろんですが眼鏡を外さないと駄目なので、眼鏡っこは外します。

眼鏡なしのレア写真

 

 

 

 

4

 

 

 

楽しそうなのもつかの間、さっさと準備にかかります、なんか大きなエプロンみたいなんつけさせられます。

高所恐怖症のムッティーはやはり不安を隠せない様子。

 

 

 

 

スカイコースターは横になった状態であげられて、上に上がり切ったとこでカウント。

そして1人がストッパーを外して真っ逆さまってな感じです(後の動画を見てもらったらわかると思いますが)

バランスをとるために真ん中が一番重い人になります。

ムッティー組は、ムッティーがストッパーを外す係に。

 

 

 

 

 

さて、とうとう順番がまわってきました。

 

 

 

 

 

 

ムッティーがとても可愛いです。

アベフミヒコはやはり余裕ですね。

 

 

 

 

そして次はラス達。

次の人達と交代する儀式があります、そこからの動画です。

ほんま先に終わった人は余裕の表情。

ラス達は北小路直也が真ん中で今村達紀がストッパーを外す係。

 

 

 

 

 

 

 

相変わらずキャー!みたいなリアクションなくて申し訳ない、この、スカイコースターは一言で言うと

「楽しい!」

です(笑)

 

 

 

 

登っていく時は怖いなーって思いましたが、これは普通の絶叫系、ジェットコースターと同じような感覚でした。

そう考えたらバンジージャンプの自分で行くって言う行為の方が断然怖かった。

バンジージャンプの感覚はやってみた人じゃないとほんまにわからんです。

 

 

 

5

 

 

 

何はともあれ無事に戻ってきました!わーい。

 

 

 

6

 

 

 

微妙な全員写真を撮って、南知多グリーンバレイを後にします。

この時には小雨降ってた朝はどこへやら

青空と太陽まみれ。

 

 

 

せっかく遠くに来たので、何かご飯を食べようかと南知多、海近くって事でやっぱり海鮮でしょう!

という事で海鮮市場を探して行くも時間が時間、もうご飯屋さんは閉店…

そこでスパゲットー上田がお店のおばさんにすかさず聞いて、教えてもらった場所、田中屋さんへ。

 

 

 

7

 

なんでしょうか、この建設予定図ような写真は…。

 

 

 

この田中屋さんは、旅館ですが1階はお食事処があります。

とにかくここが、おいしかった!

お刺身、焼き魚、フライ、全部おいしかった!!!

バンジーとスカイコースターを無事に全員が飛べたという達成感、

飛ぶまでご飯我慢してた空腹感が爆発して飲めや食えや状態。

そして写真を全く撮っていない失態。

 

 

 

唯一、北小路直也が撮った海老フライを…

 

 

 

8

 

 

 

なぜお刺身は撮らなかった…

それだけ美味しくて最高でした、という事にしておきます。

 

 

 

満腹になって海でもちらっとみて帰りましょうかと言う流れ。

 

 

 

9

 

 

 

素敵な夕日をみれるこの日の完璧感。

なんだか笑える位とても充実した日になりました。

 

 

 

バンジージャンプは、一度は体験して欲しいです。

今回行ったメンバーは京都から日帰りでいけそうなもう1つのスポット、岡山の鷲羽山ハイランドのバンジーもいこうか!

と言う位ちょっと虜。

 

 

 

さて、2回に分けてお届けしました「飛びに行ったお話」いかがでしたでしょうか?

飛びたくなりましたか?

楽しいですよ、おすすめです。

ちなみに茨城県には日本一高いバンジージャンプ100mから飛ぶっていう場所があるみたいですよ。

 

 

 

最後に、今回なんだか太陽が似合うタッシーの写真でお別れしましょう。

 

 

 

10

 

 

 

それでは、また次回!

 

 

 


 

「飛びに行ったお話」

 

・登場人物

スパゲットー上田 (私の思い出/sax ) http://watashinoomoide.com/

アベフミヒコ(SIRMO STAD/ギターボーカル)http://sirmostad.tumblr.com/

今村達紀 (コンテンポラリーダンサー) http://imamuratatsunori.net/

ムッティー (nummt/ギターボーカル、スタジオIZ) http://studio-iz.net/

北小路直也 (MILKBAR/ギターボーカル) http://milkbar.me/

タッシー (MILKBAR/ベース) 

 

・場所

南知多グリーンバレイ http://www.green-v.jp/

田中屋 http://www.e-tanakaya.com/

 


 

 

おまけ4

 

 

Profile

ラス
ラスhttp://www.ibashiyo.net/
1978年 大阪府出身、京都在住。



すぐ近くのどこかにいるモノたちを描いています。



CDジャケットや、壁画、ポスター、チラシなどの制作や、

アクセサリー、地下足袋、靴などのラスグッズを制作しています。

唄うたい「ばきりノす」の1人でもあります。

ソロでも活動開始。







http://www.ibashiyo.net/


ばきりノす

http://www.bakirinosu.net/

最新記事