トップページ > 読みもの > ライブレポート > mothercoat @ 京都GROWLY 2014.10.04

mothercoat @ 京都GROWLY 2014.10.04

top

 

 

 

mothercoat -広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~- @京都GROWLY 2014.10.04

 

 

広島VS京都という構図にこれはマズい、最強すぎるやつらが加わってしまった……と、広島陣も京都陣も冷や汗かかずにはいられない、その正体はfrom埼玉のmothercoatである。その暮らしぶりやバンド形態からしばしば「実験的」と評されている彼らであるが、完璧に計算されつくしたような楽曲と演奏に対するシビアなまでの姿勢はもはや実験では済まされない。実験の果てに生まれた完成体といったほうが近いのではないかと思わされる。

 

打ちこみのリズムとさらにそれ乗っかって来る浮遊感のあるサウンドに合わせてVo&Gtギガディランが手のひらでリズムを客に向けて合図するお馴染みの光景で幕を開ける。そこへドラムの切り裂くようなシンバルが入ると同時に、フロア中の人々が一斉に踊りだす。その踊っている客のうねり方が明らかに他のバンドにノっているときとは違うのだ。ステージを縦横無尽に練り歩くギガディランに負けないぐらい、客もうねるうねる。気持ち悪いぐらいだ。そして客たちはその自身の体の動きに合わせるように、少しずつ少しずつステージ前へと詰め寄っていく。まるで吸い寄せられるかのようで、人の波という形でmothercoatの強烈な吸引力を序盤から見せつけられた。

 

思わずリズムをゲームのように必死で追いかけてしまう“nipple cider”に続いて、小気味のよいギターの音とドラムの繊細なビートが流れて行く4曲目のような爽やかな曲もライブでの勢いと共に聞くことができ最高に気持ちいい。続いてリードギターのリフレインが永遠に頭から離れなくなること必至の“fake a fake”。終始ノリのよいステップを踏み続けていたギガディランの「ありがとう!」という声に何度も客はレスポンスしていたのだが、思わず甲高い声で返事してしまう気持ちが分かる。人というものは体を動かすと声も大きくなる、これだけmothercoatに踊らされたらそりゃ歓声のひとつも出てしまうというものだ。

 

ラストの曲“trickster”ではこれでもかと言う程詰め込まれた音の波の中、ツインギターが炸裂。ここまで計算された不協和音は勿論、こんなにもバチっと「キマる」不協和音っていうのは他にそうあるものではない。この曲についてはMVも公開されているが、絶対にライブで「音が混ざり合っている」感覚というのを感じてほしい一曲である。

 

(photo:高石瑞希)

Profile

山田 和季
山田 和季
チーフエディター。 (頭が悪いから) 歯に衣着せぬ物言いで、最近は「めたくそライター」の肩書もGETしました。ふざけただらしのない文章を好みます。母の鳴く家というバンドで紅一点ギターを弾いていますが、わりと常にエロいことを考えています。

最新記事