トップページ > 読みもの > ライブレポート > メシアと人人 @ 京都GROWLY 2014.10.04

メシアと人人 @ 京都GROWLY 2014.10.04

top

 

 

メシアと人人 -広島オルタナティブツアー御一行様ご来店~え?埼玉からも!?~- @京都GROWLY 2014.10.04

 

 

広島、京都、埼玉の三都市のバンドが集結するイベントのトリを飾ったのは、京都の2ピースバンド・メシアと人人。このバンドは本当に絶叫マシンのようなハラハラ感と非現実感があり、Vo/Gt北山の熱量のあるボーカルと荒波のようなギター、深いところに響くDr/Vo福田のドラムとキュートだけれど恐怖を煽るような声がより現実から遠ざかっていく。浮遊感や空を飛んでいる、と称するとまた違う。彼らはほんのすこしだけ浮いていて、だけどお花畑にいるわけではない。

 


多くのバンドが出演し、少し疲れが見えるフロアに最後の最後で息を吹き返した。立て続けに3曲ほど休むまもなく演奏し続け、「おんなし」では音の波という表現が似合うほどに大きな音で迫り来る。シューゲイズでもあり、ロックでもあり、ポップスでもあり…どう分類すればいいのかわからないが、2人でこの距離まで迫っているというのは本当にエネルギーの塊のようだ。

 


MCで「レコーディングでチューニングを勧められた」と語る北山は何度も何度もチューニングをしていた。周りから「はやくやれ」といったヤジや笑い声が錯綜し、ステージ上の彼だけが真剣な顔でチューニングをしている。チューニングをここまで主張しているのもなかなか珍しいものだ。

 


全曲通しても少し感じていたのだが、最後の曲ではパワフルだけれど切なげなイメージを持った。人数も音の数も少ないのに情報量が多く、呑まれたら最後離れない熱気。地元ということもあるだろう、けれどそれでもたくさんの人にいじられ、愛されているバンドだと強く感じた。

 

(photo:fujimari)

Profile

アンテナ編集部
アンテナ編集部kyoto-antenna.com
アンテナ編集部です。
京都の音楽やカルチャーの垣根を越えて交流をはかるサイトを作るために日々奮闘しています。

mail:kyoto.antenna@gmail.com

最新記事