トップページ > 読みもの > 誰かの頭を通したら Vol.5 -アベフミヒコ-

誰かの頭を通したら Vol.5 -アベフミヒコ-

darekano_eye

 

クリエイターがどのようなものから刺激を受け、どのような形で作品としてアウトプットするのか、というささやかな疑問から始まったアーティストの作品数珠つなぎ的なこちらの企画。

 

 

前回、二人目のアーティストとしてイラストレーターの岸本敬子さんを招き、キャシーの小説から受けたインスピレーションを元に30枚にも及ぶ美しいイラストを描いていただきました。

さて今回は、音楽です!岸本さんのイラストを元に、SIRMO STADのVo/Gt.アベフミヒコさんが曲を書いてくださいました。繊細で静かに染み渡るような旋律が、来たる冬の季節によく似合いそうです。ぜひ目を閉じて、ゆっくり聴いてみてください。

 

 

▼過去の作品

 

『誰かの頭を通したら Vol.1 キャシー (1/3)

『誰かの頭を通したら Vol.2 キャシー (2/3)

『誰かの頭を通したら Vol.3 キャシー (3/3)

『誰かの頭を通したら Vol.4 岸本敬子』

 

 

岸本さんのイラストから感じたことの一つは、「この30日間が意外と穏やかだ」ということでした。「彷徨う」「迷い込む」といったものではないなと。

そんな印象も踏まえつつ、作曲で意識したことは起伏をつけ過ぎないことです。あとは色をつけ過ぎず、淡々と。

歌詞に関しては、絵の女性に様々な設定を加えて書いてます。語りすぎるのも野暮なので、色々想像してもらえれば本望です。

 

 

 

 

Thema

 

君が空高く跳ねるなら

寝転んだままでいるよ

きっとそこまで飛べないから

見上げたままでいるよ

 

数え切れない無数の星に

僕らは何を願う

いつか呼んでも 君を呼んでも

歌声は遠く 何処へ 何処へ行く

 

君が海深く潜る夜

僕は船乗るよ

到底そこには届かないから

気ままに歌っているよ

 

誰も知らない時の彼方に

僕らは何を託す

いつか呼んだら 君が呼んだら

穏やかな波に溶けて 溶けていく

 

歌声は遠く 何処へ 何処へ行く

 

  

アベフミヒコ(SIRMO STAD)

darekano_abe

 

岐阜出身、京都在住の歌い手、ソングライター。 ソロ活動などを経て、2011年自身がボーカルギターを務めるSIRMO STADを再結成。 現在はバンドを軸に活動。

SIRMO STAD

darekano_surmostad

 

関西を拠点に活動するロックバンド。 正負両極のベクトルを浮遊感と衝動、耽美さを持って自由に往来する楽曲。 Vo.アベよる中性的でどこかあどけないテナーボイス。 その独創的かつ圧倒的な世界観でemo、ambient、postrock、shogazer、音響派など 多方面から称賛を得ている。

 

 

Profile

アンテナ編集部
アンテナ編集部kyoto-antenna.com
アンテナ編集部です。
京都の音楽やカルチャーの垣根を越えて交流をはかるサイトを作るために日々奮闘しています。

mail:kyoto.antenna@gmail.com

最新記事