トップページ > 読みもの > インタビュー > “4WD”発売企画 フラットライナーズ石川 / bed山口対談 -後編-

“4WD”発売企画 フラットライナーズ石川 / bed山口対談 -後編-

flat_interview_eyecatch

 

 

名古屋のフラットライナーズが2016年11月30日に、前作から4年ぶりとなる2ndアルバムとなる”4WD”を発売する。それに伴いアンテナではBa./Vo.石川の希望で、京都を代表するロックバンドbedのGt./Vo.山口との対談を行った。

 

当日は京都の居酒屋でお酒を飲みながらざっくばらんに対談を決行。話はアルバム”4WD”のことだけに留まらず、楽曲の制作からバンドとしてのあり方にまで及んだ。

 

活動歴も10年を超え、ますます円熟味が増してきた両バンド。2人の生き方には、これから音楽とどう向き合うか悩んでいる人たちへのヒントがあるかもしれません。

 

 

“4WD”発売企画 フラットライナーズ石川 / bed山口対談 -前編-

 

 

フラットライナーズ

flat_artist

 

2001年頃東京で結成、メンバーチェンジを経て2006年に現在の石川俊樹 (Ba/Vo)、佐藤誠司 (Gt) 、井上雄介 (Gt)、磯たか子 (Dr) に固まる。

メンバーそれぞれ音楽的趣向は微妙に違うが、全員ピクシーズやペイヴメントに代表されるUSインディーロックを愛するところで団結。コードオンリーのベースと控えたドラムのリズム隊に乗っかるツインリードの分厚いギターアンサンブルが特徴。

石川と佐藤は元浦沢直樹氏のアシスタント。井上はtoddleの小林愛さんとswarms armで活動していた。磯は自分のメインバンドsweetsunshineでも活動、シティポップ、AORがメインで本職は鍵盤である。

2008年石川と磯が名古屋へ引っ越し、東京と東海圏でマイペースに活動する事となる。2012年YOUTHレーベルから1stアルバム「不運な人」を発売。エンジニアは柏井日向氏。その後も主に東京、名古屋、京都で地道なライブ活動を続けて2016年11月30日POWER EREPHANT !レーベルよりエンジニアに岩谷啓士郎氏を迎え2stアルバム「4WD」を発売するに至る。

 

bed

bed_artist

 

2005年夏、京都にて結成。以来着実かつ地道な活動を続ける。

これまでに4枚のアルバム、2枚のEPを発表。多数のコンピレーションに参加。

京都での自主企画や、全国各地へのツアーなどライブを活動の軸にしながら、コンスタントなリリースを重ね、時に「京都の雄」、「京都の至宝」などと呼ばれることに多少のこそばゆさを覚えながらも、世代を越えた支持を受け続けている。

2本のギターが織り成すアンサンブルと、シンプルな日本語によるメロディー、ハンマービートとうねるベースによって紡がれる特異な音像はますます磨きをかけ、やるせなさと力強さの同居する音世界が時に熱狂を生み、じわりじわりとその音の虜となる者を増やしながら活動中。

 

 

 

バンドにおける「責任感」とは?

 

 

堤:お二人ともミュージシャンでありながらしっかりと社会生活にコミットしていて、僕は学生のときからそういう姿にずっと勇気づけられています。夢を追い続けているバンドマンが書く曲を否定する訳ではないんですが、個人的には社会生活という地に足を擦りつけているような人が歌う「パーソナルな歌」が心に響くことが増えてきちゃって。

 

 

石川:僕は自分のことはミュージシャンだと思ってないです。だから働くことに関して何のバイアスもない。単純に「バンドやるのにもお金かかるじゃん」って思うから働いている。でも本気でバンドで食っていくんだ!って思っている人って覚悟が違うんですよね。

 

 

山口:確かに僕も「みんなどんな気持ちで日々バンドをやっているんだろう。」と思う時はあるし、一度は気にする所ではありますよね。僕も石川さんと同じで自分がミュージシャンだとは一切思ってないです。

 

 

一同:えー?!それはないでしょう!

 

 

山口:いや、本当に (笑)。ただここまでバンドが続いてくると、色んな人のお世話になってここまで来たっていうのもあるし、遊びって感覚だけではもう出来ないです。もしかしたら僕たちの背中を見ている人たちや、自分たちが企画に誘ったことで「バンド頑張ろう!」って思ってくれる人たちがいるかもしれない。そういう責任感みたいなものは帯び始めているかな。

 

 

堤:山口さんはその「責任」をいつから感じるようになりました?

 

 

山口:ここ2~3年ぐらいでやっと、って感じ。若くてカッコいいバンドがどんどん出てきて、その中には死ぬ気でバンドやっていく気概の人もいれば、もっと違うスタンスでやっている人もいる。でもそれぞれ刺激的なことをやっているなぁ、っていうのがここ2~3年で本当に増えた。じゃあ僕たちはそういう人たちに何を見せられるのか考えるんですけど、数年後に彼らが三十路を越えたとき「こういう風に音楽やっていたりしてる姿も悪くないでしょ」っていう姿を見せられればいいのかなって思います。

 

 

石川:山口さんの話を聞いてつくづく思ったんですけど、その点僕たちってズルいんですよね。僕たちって若い人たちにとって近づきやすい存在なんですよ。なぜなら責任をちらつかせないから。

 

 

堤:でも石川さんは仕事でそういう責任をしっかり負っているからバンドでは、って言う部分がありますよね。

 

 

石川:それはあるかもしれない。山口さんが若い人たちに背中を見せて「うおー!俺もやるっす!」って気持ちにさせるようなことを、僕は仕事でやっているのかも (現在石川は名古屋造形芸術大学でマンガを教えている)。でも燃えている若者を見た時、めちゃめちゃ嬉しい反面「やめといた方がいいんじゃない?」って不安に思う気持ちも確かにあるんですよね。だから一層、バンドに関してはもっと気楽にやりたいなって思っちゃう。

 

 

山口:バンドにしろ、何にしろ責任を持って格好つけようとしている人たちは格好いいなって思いますね。でも、そういう話を仲の良い若い世代のバンドマンにいうと「はいはい」みたいな反応されることも多くて (笑)。でもその人たちはその人たちなりの「やりたい音楽」をやっていて、それが実際格好いいかどうかは見ている人たちの好きにすればいいんですよね。

 

 

石川:あくまで格好いいかどうかは責任うんぬんとは別軸なんですよね。逆にいうと、全然やってる音楽自体はピンとこなくても、世代とかシーンをちゃんと牽引しようとしている人たちにはリスペクトの念しかないですね。ところで堤君のbedとの最初の出会いはなんだったの?

 

 

堤:もう7~8年も前ですけど立命館大学でハードコア系のバンドを集めてイベントをやっている人たちがいたんですよ。それでたまたまbedを見て「かっけぇー!」ってなったのが始まりです。

 

 

山口:確かにあの頃劇激情ハードコア系のイベントに結構呼ばれてたなぁ。その流れもありつつbloodthirsty butchersとの対バンをきっかけに、周りからロックバンドとしても見られはじめたなって実感が沸き始めました。吉村さんが当時twitterで僕らを絶賛してくれて……結構エグいぐらい (笑)。それで周りの見る目が幅広くなったというか、風向きが変わった感触はありましたね。

 

 

堤:元々「ロックバンド」として見て欲しい気持ちはあったんですか。

 

 

山口:最初のアルバムまでは気にしていなかったけど、活動を重ねて行くにつれてより大きい枠で見てほしいなっていう気持ちはありましたね。2008~2009年頃って、ハードコアとかポストロックが飽和し始めてきた時期だと思っていて、その中でenvyだとかtoeだとかが音楽性を柔軟に変化させていって……あんなカッコいいバンドでもまだまだ先を見据えて変化し続けている点にシンパシーを感じていたところはあります。丁度その時期と重なって「ロックバンド」っていう大きい意味で捉えられるバンドでありたい意識は持つようになったかな。

 

 

堤:確かに僕がbedを聞いていて一番びっくりしたのが、やっぱり1stと2ndの間の変化でしたね。

 

 

山口:そうだね。そういう意識の変化もあったし、単純に環境の変化とかもあったかな。メンバーが就職とかでバラバラになっちゃって「それでも続けていくのか?」っていう葛藤もあったしね。それなら、もっと大きい意味で「良い音楽」っていうのをしっかりやっていかないと僕らのバンドは続いていかないと考え始めました。そうやってシフトしていった結果受け入れてくれる人たちも沢山いたし、吉村さんに褒めてもらった時にも「ああ、今までやってきたことは間違ってなかったんだ。」って思えて嬉しかったですね。

 

 

160815_%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e3%81%95%e3%82%93%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93-3

 

 

 

 

東京でしか出来ないこと・地方でしかできないこと

 

 

堤:お二人とも東京に住まれていた経験があるとのことで、地方と東京で活動するにあたって違いや変化などはありましたか。地方で活動することの意味って一体何でしょうか?

 

 

石川:東京から名古屋に来て思ったことがあるんです。メンバーが変わったりとかで一時休止とかするバンドっているじゃないですか。そういうバンドがちゃんと活動を再開したり、同じメンバーを含めて新しいバンドを組んだりすることにびっくりしました。東京は人が多いので、一回解散とか休止とかしちゃうとメンバーが再び会するすることってあんまりないんですよね。京都もそうなんだろうけど、一緒にバンドやってたメンバーとかとその辺で会うこともあるわけでしょ?

 

 

堤:ありますね。

 

 

石川:東京ではそれはないですね。会いに行こうと思えばそりゃ会えるけど、シーンとか界隈が一緒でもばったり会うことはなかなかないよね。その点地方は「濃いなぁ」って思うときがあります。

 

 

山口:僕らの場合は「from 京都」の恩恵を受けまくっているので、生活拠点を変えて東京でやるっていうつもりはないですね。

 

 

堤:具体的にはどのような恩恵がありましたか?

 

 

山口:僕らが京都を出てライブするときにはいろんなバンドと対バンできるし、いろんなバンドが京都にツアーに来る時には僕らを頼ってきてくれる。それはもちろん、自分たちが築いてきた成果でもあると思うんですけど、「京都でやってきた」っていう事実によるものもあると思うんですよね。東京にいる人たちが京都のことを意識しているだろうなっていうのは間違いないと思います。

 

 

堤:もはや「東京に行かなくちゃできないこと」っていうのはないんですね。

 

 

山口:ないと思いますよ。LOSTAGEなんかはまさに奈良でやり続けてきたからこそ、受けてきた恩恵もあったと思いますし、北海道のNOT WONKも「東京なんてライブするときは飛行機でちょいと行けばいいでしょ」っていうスタンスでライブしていますしね。地方ならではの風通しの良さって言うのは必ずあると思います。

 

 

石川:僕も名古屋に来てからいいことづくめですね。田渕ひさ子さんと仲良くさせていただいたのも、名古屋に来てからです。東京にいたらひさ子さんと知り合う機会なんてなかった。地方の良い所はそういう人が来てくれる機会に恵まれるんですよね。あとは山口さんも言ってたけど、東京のバンドが「名古屋だったら石川さんたちがいるから」って訪ねてきてくれるのは嬉しいですね。

 

 

堤:今でこそ東京のバンドが地方を見ている感じがあるとは思うんですが、ちょっと前まで全然そんなことなくって、地方のバンドマンとしては悔しい人も多かったのかなと思って見ていました。

 

 

石川:そうかな?僕はそれこそ堤くんのイベント (※2013年に開催されたイベント『サンマソニック』) でメシアと人人を見て衝撃を受けたからなぁ。その年に見たライブで一番よかったと思っていたら案の定スペースシャワーからリリースも決まったし。だから地方とか東京とか関係ないよ!良いものは良い!

 

 

堤:なるほど。東京と地方のチャンスの率についてはどう思いますか?

 

 

山口:それならガンガン東京行ってライブをすればいい話ではありますよね。もちろん難しい場合もあるとは思いますが、コンスタントに東京でライブをしているバンドは地方のバンドでもちゃんと知られていっていると思います。もしくは東京に行けないのなら、マドナシさん (キツネの嫁入り) みたいにとことん地方で面白いことをやってやろうっていうスタンスで行くかですよね。そのイベントが各地のメディアで取り上げられたりも多いので。場所の問題よりも、バンドそのものの発信力が問われる時代なのかも。

 

 

石川:まぁバンバン東京行ったところで、結局良くないと意味ないっていうのは前提ですけどね。東京ってバイアスとかフィルターがかかってなくって、どんなバンドにとってもある意味フラットなんですよね。だから地方のバンドマンがいくら「東京クソくらえ!」って言ったところで、東京はそれすらも飲み込んでフラットなんですよ。

 

160815_%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e3%81%95%e3%82%93%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93-7

フラットライナーズ Ba./Vo.石川

 

 

僕のロック限界年齢!

 

 

堤:お二人はバンドでのこの先のビジョンはありますか?

 

 

山口:単純にまだまだこんな曲を作っていきたいなっていう具体的なビジョンはあります。あとはこれからも続けていくことで出てくる旨みみたいなものがあるのだとすれば、そこを追求したいし、かつ自分たちの中での「新しいもの」っていうのを生み出していきたいと思ってますね。世間的にはそんな革新的なことをしているバンドではないんですけど、自分たちのスケールで新しいものをしっかり求めていきたい。

 

 

石川:僕はリスナー気質から始まって曲を作り始めたので、「曲を生み出していけるかどうか」っていうのがひとつのハードルではあります。1枚目出した後しばらく曲ができない時期があったんですけど、それでも周りから圧されながら作った曲が結構よくて。そんな感じでこれからも続いていくのかなって思っています。頑張って良い曲ができるんであれば、そこはしっかり頑張っていきたい。まぁあとは……いつまで続けられるのかな。ロック限界年齢っていつなんだろうね?メンバーにも「フラットライナーズは石川さんが生きている限りはやるんじゃない?」みたいなことを言われたので……俺の寿命か?(笑)

 

 

堤:お二人ともありがとうございました。

 

 

『4WD』リリース情報

 4wd

 

2012年の1st「不運な人」から4年ぶりの2stアルバム。前回のUSパワーポップ的サウンドから今回エンジニアにLOSTAGEの録音等で活躍中の岩谷啓士郎氏を迎え、よりPOPで繊細さも垣間見せる親しみやすいサウンドへ進化を見せる。

PavmentやPixiesはもとより、The Breeders、Guided By Voices、Superchunk、Buit To SpillからMac DemarcoやUnknown Mortal Orchestraといったインディーロックに影響を受けつつ、邦楽ロックでもTheピーズ、ナンバーガールはもとよりmoools、toddle、CARD、キツネの嫁入り、bed、メシアと人人などといったバンドにシンパシーを感じている。

身の回りの感情を脱力と逆ギレを繰り返しつつ綴る石川の日本語歌詞10曲。前回「不運な人」のジャケイラストが佐藤だったのに対し、今回磯の愛車「ジムニー」をモチーフにしたイラストは石川が担当。豪華12Pのブックレット付き。デザインワークはSuchmos、キセルなどを手がけたステンスキが担当した。

 

 

2016年11月30日 (水) 発売

POWER ELEPHANT ! POW-13

¥1800+税

 

『4WD』

1「4WD」

2「君は悪くない」

3「都落ち」

4「ホライズン」

5「ただの星屑」

6「おかいもの」

7「スプリングソング」

8「ボーイズ&ガールズ世界大会」

9「思い出」

10「ワイルドライフ」

 

 

▼リリースに伴うライブ日程

 

2016年12月17日東京

sweet sunshine企画「ロックの友達」@吉祥寺マンダラ2

出演:sweetsunshine / minakekke / 田淵ひさ子 / フラットライナーズ

 

2017年1月9日東京

M☆N☆T新年スペシャル企画 @六本木VARIT

出演:erevig,room202 / キヨステ / 断絶交流 / フラットライナーズ / 他全10バンド

 

2017年2月4日東京

DIRTY SATELLITES & フラットライナーズ共同企画下北沢ベースメントバー

出演:DIRTY SATELLITESオハヨーマウンテンロード / toddle / フラットライナーズ

名古屋、京都、鋭意企画中!

Profile

山田 和季
山田 和季
チーフエディター。 (頭が悪いから) 歯に衣着せぬ物言いで、最近は「めたくそライター」の肩書もGETしました。ふざけただらしのない文章を好みます。母の鳴く家というバンドで紅一点ギターを弾いていますが、わりと常にエロいことを考えています。

最新記事