トップページ > 読みもの > 「バンドを辞める人を1人でも減らしたい」–そんな想いから生まれた“【座談会】働きながら音楽活動をする”とは?

「バンドを辞める人を1人でも減らしたい」–そんな想いから生まれた“【座談会】働きながら音楽活動をする”とは?

 

「働きながら音楽活動をする」。

このインパクトあるイベント名、最近見かけた方も多いのではないでしょうか?先日東京で行われたこのイベントのレポート記事がアップされ、瞬く間に大拡散、さまざまな論争がSNS上で繰り広げられていました。

 

 

この「働きながら音楽活動をする」というイベントはサラリーマンバンドマンが集まり「どのように働きながら音楽活動」をするかの経験や知見をシェアしたイベント。東京編には鳥居 大氏(ATATA)、小川 保幸氏( DEEPSLAUTER)、上杉 隆史氏(Endzweck)の年間数十本ライブをこなす猛者3名が登壇し、レコーディングや海外ツアー、日々のライブなどをどうやって働きながらこなしているのかをプレゼンしました。イベント終了後の懇親会では名刺交換会になったとか。このイベントを通し、新しいコミュニティが形成された瞬間だったに違いありません。

 

 

さて、このイベント一体どんな人が主催しているのでしょうか?「なぜ」このイベントをやろうと思ったのか。そんな経緯を伺いたく、今回アンテナではインタビューを敢行しました。

 

 

鈴木哲也

oaqk/Penguin Market Records副代表/ ヤフー株式会社 / 「働きながら音楽活動をする」主催・モデレーター

 

2002年にバンドoaqkを結成。human highway recordsのコンピレーション「THE MIXING OF LANDSCAPE」へ参加。その後Penguin Market Recordsからアルバム「Munchen」をリリース。2017年からはPenguin Market Records副代表も務める。

個人としては「TOHOKU JAM」「PARKROCK ISHINOMAKI」「結いのおと」「音つなぎアコースティックフェス」などの各地の音楽フェス企画運営にたずさわる。

HMVジャパン株式会社(株式会社ローソンHMVエンタテイメント)を経てヤフー株式会社に入社。

 

 

 

 

 

 

どうやったらバンド辞めさせずに済むかをずっと考えている

 


ーー改めてこのイベントを始めた経緯を教えてください。

 

 

元々「働きながらバンドやっちゃダメなのかな」っていう疑問がずっとあったんです。僕が若い頃パンク・メロコアバンドにあこがれて活動をしていて、働きながらバンドやるのは『格好悪い』『逃げ』という風潮があったんですよ。でもバイトしながらバンドを続けていた仲間たちはバンドを辞めていく。そんな状況がどうにかならないのかなと考えていました。

 

 

ーー界隈特有な感じもしますね。

 

 

パンク・メロコア界隈は特に全国ツアーして、ライブをたくさんやってお客さんをつけて、メジャーデビューするぞ!みたいなスタイルのバンドが多くて。それを見ていた僕はそもそも『働きながら』って選択肢すら、頭になかったです。

 

 

ーーなるほど。

 

 

あとはバンドを続けるためには、お金が必要だと気づく瞬間があるんですよね。それで揉める。音楽の部分熱く揉めるならまだ良いですが、本来揉めるべき場所じゃないところでパワーを使って、すり減っていくわけです。そういう悪循環に対しての解決方法がないかなと思ったことが、今回のイベントを始めるきっかけの1つになったと思っています。

 

 

ーー自身の経験からの問題定義がイベント開催へと繋がったわけですね。

 

 

はい。「食っていけない」「辛い」「親が」「結婚が」「家族が」等々の理由でバンドを辞める人が多いのです。そういう状況でどうしても仕方ないことも多いのですが、でもある程度収入がある仕事をしていたら、クリアできることも実はあって、バンドを辞めずに済む、続けることができる。歳を追うごとにそういったスタイルでバンドを続けている人にも出会えるようになって。そんな話を今のバンドメンバーや、近しいバンドとするようになったんです。

 

話してみると実はみんな長いこと……期間にしたら5〜10年程もんもんと悩んでいたことがわかったんですよ。バンドとして売れるためにはドサ廻りして当たり前ということへの疑問が。今になれば働きながらでも、かなりの本数ライブすることはできる。でも手がかりやヒントがなければ、そのことに気付くことすらできないじゃないですか。若ければ特にそう。

 

そんなもんもんとした時代の体験や想いを僕らが発信することで当たり前だと思っていることが「実は他にも手段がある」って気づけると思うし、僕らが過ごしたもんもんとした5〜10年をかけずともそのことに気づいて、新しい境地に行けるバンドがもっと増えればいいと。

 

 

ーー実際に東京編のイベントを開催していかがでしたか。

 

 

「僕もバンドをやりながら働いてるんです」って人が多く集まりましたね。「バンドを続けながら働いているのですが、このまま続くのでしょうか……」という人や、バリバリバンドをやっている人、このタイプに二極化していました。前者の「このまま続くのでしょうか……」っていう人は解決回答が欲しいって感じでしたね。後者については、自分が実践しているやり方以外にいい方法があれば試したいって人が多かったかな。

 

あと、公開したときのtwitterなどSNSでの反響はものすごくあって、1日目で4万アクセスいきました。twitterでの意見もかなり投稿されていて、それを登壇してくれた3人と見ながらいろいろ話していました。好意的な反応9割、否定的な反応1割という比率で、否定的の中には、レポートの1単語とか1文だけをとって拒否反応をおこしているかたもいらっしゃって、「趣旨を正しく伝える」と「飽きさせないような構成にして読んでもらう」のバランスが難しいなと感じました。

また、否定的な意見の中にも、しっかりレポートを読んでくださった上で自分の考えを述べておられる方もいて、そこに関しては心に染みました。

 

この活動では全員が同じ考えになって欲しいというわけではなく、このテーマを考えるきっかけになってもらえれば、ということでやっています。

 

 

東京編開催時の模様

 

 

 

ーーここまでの話を聞いて気になったのですが、東京のバンドマンって正社員しながらバンドやっている人ってそんなに少ないんですか……。京都には結構いるかと思っているのですが。

 

 

これはあくまでも僕の場合ですが、普段なんの仕事をしているかと、まず質問しないんですよ。

 

 

ーーそういう話にならない、ってことでしょうか……?

 

 

基本的にはそうですね。打ち上げでもどんな音楽を聞いて、どうやって曲作っているのかとか音楽の話に終始していて。なんなら僕は、他のバンドマンに仕事を聞くことがタブーであるとすら思っていて。みんな聞かれても言いたくないだろうな、ってなんとなく思っていたんです。もちろん何回も対バンして仲良くなったバンドとはするようになりましたが。

 

 

ーータブーとは驚きです。

 

 

京都ではみなさん自分がどんな仕事をしているか話したりされますか?

 

 

ーーそうですね、実際私の周りには働きながらバンドをしている人も多くて。スーツで仕事終わりにライブしにくる人もいます。中には「バンドで売れたいから、チャレンジするために東京へ行く」っていう人もいるんですよ。売れたいから東京へ行く、って考えをもったバンドマンとかはなかなか「働きながら」ってところにシフトするのは難しいんじゃないかなあ、と安直に考えたりしていました。

 

 

もちろんそういう人は東京に多いですよね。音楽が好きで、音楽で食っていくことが叶うことがミュージシャンとしてのゴールの形の一つであることは間違いない。もちろんそれは否定しないし、音楽だけで食べられている人を僕は素晴らしいと思ってます。ここは誤解されたくないので強調しておきます。

 

でもそこに「働きながら」っていう選択肢があることを、僕は示したいと思っていて。

 

音楽で売れることを志して、何かしらの理由で辞めるという選択肢が頭をちらついたときに、手段として考えてもらいたいというか。辞める一歩手前に、両立するというパターンもありなんだよ、ってことを伝えたいと思っていたんです。辞めていく人を、どうやったらバンド辞めさせずに済むかをずっと考えていると思います。

 

 

 

限られた時間を増やすのではなく、限られた時間で作った材料をどう活かすか

 

 

ーー実際鈴木さんは働きながらバンド活動はできていますか?

 

 

僕のバンドは特殊な事情もあり、現状年に4回くらいしかライブをしていないんですよ。ATATAやEndzweckやDEEPSLAUTERのように年間数十本とかは難しいんですが……止まらずにバンドを続けていることはいいことなんじゃないかと思ってやっています。

 

今所属しているレーベルの中でも、残っているバンドが本当に少ないんです。みんな辞めたり、休止したりしていて。僕らの活動は活発ではないけれども、企画は打つし、地方でもライブができています。

 

鈴木さんのバンドoaqk

 

 

ーー京都にもそういうバンドはちらほらいますね。

 

 

ただ今回のテーマだと、僕のバンドの活動では説得力がないんですよね。バンドをガツガツやりながらも仕事は続けている人の言葉の方が参考になるのではないかと思って、僕はモデレーターとしてイベントを企画する立場でいこうと思いました。

 

 

ーー私は、鈴木さんのやり方もひとつの手段の提示としてはとてもいいと思います。辞めずに続けることのいいモデル、というか。仕事への支障はない感じでしょうか。

 

 

今は全くないですね。2009年にリリースをして、ツアーもして、地方へライブもしにっ行っていたのですが、有給を使ってこなせてたので支障はなかったです。転職をするときにもバンドを続けたかったので、ある程度有給が取りやすいのではないか、という目星はつけて転職活動もしてましたね。

 

ただ、そうやって始めた仕事もだんたんと面白くなってきて、音楽活動ではできない別の目標を実現する手段だと感じたのです。バンド活動のためには嫌だなとおもっていた地方転勤も志願していってしまうようになりましたし(東日本大震災復興支援で3年半宮城県石巻市で勤務)。それが初回の登壇者のプレゼンでもあったように、仕事もバンドもやりがいがあるというとことに繋がるのではないでしょうか?

 

 

ーー今、鈴木さんが働きながらバンドをされていて、ゴールというか、目指す先はどこにあるのでしょうか?

 

 

バンドとしては続けていって、もっと効率化を図りたいなあと思っています。練習の時間も限られているので、1回でインパクトを出せたり、バンドとしての情報(映像や音源など)を録り溜めておいてそれを定期的にリリースしたりとか。そういった方向のことを追求したいと思っています。

 

限られた時間を増やすのではなくて、限られた時間で作った材料を、バンドが動かなくても自分が動いて出していくというか。

 

 

ーーその発想はバンドだけでなくて、他の創作活動をしている人にも当てはまりそうですね。バンド以外で目指している先はありますか?

 

 

自分のバンド以外では、今の活動を通じて「バンドを辞める人を一人でも少なくする」ことの啓蒙から、バンドのマネージメントする仕組みを確立したいと思っています。プロモーションが上手いバンドもたくさんいるのでそういう人たちに実際のレクチャーしてもらうとか。

 

自分もそうなのですが、バンドって客観的に自分たちを見ることができないっていう人が多いと思うのですよね。そしてバンドマンは作曲など音楽を作る時間でいっぱいという人が大半かと思うんです。そういう人たちと、バンドはやっていないけど音楽と関わり続けたいって人をつなげるというか。音楽と関わっていたい人って一定数いるはずで、そういった人たちが副業でも本業でもいいんですがバンドのマネージメントをする構造を作れればいいと思っています。

 

 

ーー実際にバンドマンではないけれども、音楽と関わっていたい人と接触する機会があったのでしょうか?

 

 

音楽フェスの運営をしているのですが、そこへマネージメントの会社の人ではない人、が帯同してくる場面が多いなと思っていたんです。話を聞いてみると「個人的にそのバンドを応援しているからついてきているサラリーマン」もいるんですよね。

 

 

ーー私、まさに、それです!(笑)

 

 

なるほど!そういう人がいるとバンドも助かるし、最初のうちはバンド活動で収益を出すことが難しいのでボランティアでやるパターンが多いかと思うのですが……ちゃんと活動して、きちんと収益という結果が出たらその人に配分してもよいと思うんですよ。頑張った分だけ。プロモーションしてくれたり、グッズの企画を一からしてそれが売れたら、配分すべきだと。最近はそっちの方が大事かもしれないとは思っているくらいです。

 

今チーム制を引いているバンドもちらほら出てきていて。以前だったらメジャーに所属して、マネージメントがついて、そこがいろいろやるっていうのが普通で。でもプロデュースから自分たちでやりたいと思っている人たちが増えてきているんですよね。PA、レコーディングエンジニア、映像、ブッキング……そういう音楽にまつわる仕事に関わる人を一人ずつ集めてチームを作っているんです。僕はそういう方法でやっていると聞いたmouse on the keysを参考にしたいと思っています。

 

 

 

 

大きなマネージメント会社がつかなくても、マネージメントができると思うんです。個々人でスキルの高い人はたくさんいるので、そういった人たちに音楽業界の作法を教えればビジネスとして成り立つ。そういう仕組みづくりには力を入れていきたいですね。

 

そういった意味でも、職能を活かした動きってすごくいいと思っているんですよね。

 

 

ーー職能を活かす、とは?

 

みんな仕事で何かしらスキルをつけるわけじゃないですか。例を出すと……去年ATATAのワンマンライブで特設サイトができたのはご存知ですか?新曲がダウンロードできるというものだったのですが。

 

★参考:http://natalie.mu/music/news/196256

 

 

ーー知らなかったです。

 

 

その特設サイトを作ったのは、ATATAのギター、池谷さんの会社の人たちなんですよ。

 

 

ーーえ!

 

 

池谷さんは普段ウェブの会社で働いていて、会社の人たちがクリエイティブなことを考えるのが好きで。「やりますよ!」って感じで特設サイトが作られたらしいんです。

 

 

ーーATATAって昔からウェブ、SNSプロモーションが本当に上手ですよね。昔いつも宣伝を協力してくれる人たちに、とTwitterのDMでダウンロードコードを送ってもらったりしたことあります。

 

 

2015年にTHE VELVET TEENというバンドが来日した時にはこんなサイトをATATAの池谷さんの会社の人たちと、その他のプロモーションをATATAナベさん、企画に出てくれたcurveユウセイさんと話し合って作ったんです。やっぱり盛り上げないとダメだよね、ってなって。

http://thevelvetteen-jpn.club/

 

僕ら仙台公演しか関わってなかったんですけど、やるなら全部盛り上げよう!ってことになって全公演分掲載して、ハッシュタグを作ったりしたんです。あとはZINEを作ったり。これ僕が編集したんですよ(笑)

http://thevelvetteen-jpn.club/zine.html

 

 

ーー力の入りようが凄まじいです。

 

 

どこからお金が出ているわけじゃなくて、どれも「面白くしたい」「盛り上げたい」という気持ちから生まれた行動で。そういう時に職能があると、それだけで機動力になるんです。

 

 

 

自分の周りが面白くなってほしい。だからこの活動は慈善活動ではない。

 

 

ーー先ほど「バンドを辞める人を減らしたい」とおっしゃられていたのですが、ミュージシャンが音楽活動以外で界隈のために動こうと思ったり、マネージメントをしたいって思われるのが私的には少し不思議だなと思ったんです。そういった気持ちは自然に湧いてきたのでしょうか。

 

 

一番思っているのは自分の周りが面白くなってほしい、ということなんですよね。そうすると自分の元にも返ってくるのはもちろん、自分も面白いじゃないですか。でもその界隈の人たちが辞めていったら面白くないし、自分がそういう場所にいたいという気持ちはあります。

 

だから慈善活動でもなんでもなくて、自分が楽しいし、自分のバンドのためというのも原点にはありますね。

 

 

ーー『自分の界隈は、自分で作る』ということですね。すごくいい考えだと思います。

 

 

自分たちの先輩はインディペンデントな活動をして、面白いシーンを作り上げていた人たちで。トップランナーで言えばenvyとかを筆頭に、THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUTやNINEDAYS WONDER、BANDWAGONのシーンもそうですよね。すごくエネルギッシュなことをしてきていた層を見てきていたので「やらなきゃいけない」って気持ちはどこかにあるかもしれません。僕らは全然追いつけていないけど、違った味付けで、自分たちなりのシーンを作れればと思っています。

 

 

ーー京都でもこれを読んだ人で新しいシーンができたら面白いなと思っています。

 

 

仲間がいないと面白くないですよね。僕もこのイベントは一人で作ったわけではなくて、元々は「ウェブ業界で働いているバンドマン」というゆるい集まりが発端だったんです。それが僕とATATAの鳥居さん、池谷さんなど、関わるかたが集まってウェブのサービスを作れないかって話し合っていました。その中で派生してできた1つがこのイベントだったというわけで。

 

 

ーーいいですね。

 

 

だから彼らはこのイベントを支援してくれていて。困ったら相談に乗ってくれるし、自分につてのない人を繋げてくれたりもするんです。東京編で登壇してくれた Endzweckの上杉さんは鳥居さんが「こんなことします」ってFacebookで投稿したのに対して「面白そう」と乗っかってきてくれたのがきっかけで。

 

発信をすることで生まれることもたくさんある、ということは今回のことでより実感できました。

 

 

 

ーーそれでは最後に7月2日(日)に開催される京都編ですが、どんな人にイベントに来ていただきたいですか?

 

 

まずはバンドマンには来てもらいたいですね。実践しやすいので。そこが変わったら周りにも波及すると思うので、まずはそこからかと思っています。欲を言えば真剣にそこは考えていないけど……という大学2年生とかにも伝えたい気持ちはあるので、大学生にも来てもらいたいです。ぜひ興味を持った方は足をお運びください。

 

 

ーーありがとうございました!

 

 

 

関連記事:「働きながら音楽活動をする」トークイベント(1/3)-上杉隆史(Endzweck)-

関連記事:「働きながら音楽活動をする」トークイベント(2/3)-小川保幸(DEEPSLAUTER)-

 

 

最新記事