トップページ > 読みもの > ライブレポート > color chord × ベランダ × Amia Calva『時計じかけのオレたち』ツアー @木屋町UrBANGUILD  2016.09.04

color chord × ベランダ × Amia Calva『時計じかけのオレたち』ツアー @木屋町UrBANGUILD  2016.09.04

160904

 


 

color chord、ベランダそしてAmia Calvaの3つのバンド共同開催「時計じかけのオレたち」ツアーの千秋楽が木屋町UrBANGUILDにて開催された。今回は出演者にとっても少しいつもと違うライブだったのではないだろうか。各地で活躍するアーティストのライブペイントがステージのバックで演奏と並行して行われていたからである。

 

 

 

160904_verandah

 

トップバッターは今回唯一の女性メンバーが活躍するベランダwith高石瑞希。始まった一曲目“野球部のノリ”のライブペイントでは青いクレヨンの線がさらに薄い青色で縁取られていく。音が激しく、しかし優しい轟音になっていくと青色が見渡す限りオレンジ色に染められていくと、二曲目“レッツサマー”が始まった。安定感のある演奏に一見あわなさそうなオルタナ感満載のリードギターが絡みつく。Ba.鈴子「ライブペイントなんて初めて」とは言うもののここまで曲や歌詞のイメージと合ったのはメンバーが言うように「控え目に言っても最高」だったのではないか。そして最後の“巨大魚の夢”では歌詞の湖のようにペイントも淡く、激しくなっていく演奏の裏で名前の無い「湖の色」へと収束していった。

 

 

 

 

二番手はその日唯一のシンガーソングライターであり、二回出演予定の長谷川健一。今回のライブでは他と違い、ライブペインティングなどのパフォーマンスはなく、薄い電機燈の下でテレキャスター一本のみを片手に弾き語るスタイルだった。しかし、一曲目の「海のうた」を聞いた途端、「シンプルに曲を弾き語るだけ」そのことが逆にその日の彼の存在感を強く示していたと感じた。三曲目は東北で活躍するアーティストKUDANZと共同で作ったという“最後の江ノ島”。「街」東京から「空と海」江ノ島を想う風景を歌った曲であり、その歌詞とメロディーは僕に綺麗な切なさを感じさせてくれた。 今回のイベントで最後に演った“うたうは喜び”の「うたをうたう喜び 生きる喜び」という歌詞。短い曲ではあったが、歌詞を噛み締めながら歌っていたように思える。

 

 

 

160904_sirmo-stad

 

その次に出演したのは、Vo.アベフミヒコによる中性的なテナーボイスが特徴なSIRMO STADwithうえこ(VJ)。7月にベースの長友が正式加入したばかりの京都で活躍しているバンドだ。VJのうえこによるライブペイントはベランダの時の高石瑞希のそれよりさらに抽象的で曲の歌詞やイメージとVo.アベの声によってペイントにストーリーが付加されていくようだった。3ピースとは思えない音圧とクオリティーに圧倒されるばかりだった。“Narcissus”の疾走感はライブで見るとさらに強く感じる。フィードバックする音圧は聞き手の体を触るように突き抜けていった。

 

 

 

160904_color-chord

 

四組目は北海道札幌を拠点に活動する3ピースのcolor chord with yellow jam(VJ)。yellow jamによるライブペイントはアーティストの歌詞や唄を際立たせるという点では今回のイベントで一番だったと感じる。今回のイベントではオルタナティブロックの影響を感じさせるバンドが多い中、color chordのようなシンプルなパワーポップのバンドは新鮮だった。「ロードムービーはいつまでも続く」という歌詞はこれまでツアーを廻っていた三組、特に惜しくも活動休止してしまう彼らにとっては、とても意味のあるものだったのではないだろうか。今回のイベントはcolor chordの曲のメロディセンスとポップさのおかげで観客を特に熱狂させたと感じる。

 

 

 

160904_amia-calva

 

この日のトリを務めたのはAmia Calva with 岡本梨奈(VJ)。ライブペイントはライブのバックを埋め尽くすほど大きい「Amia Calva」と描かれたキャンバスが使われた。Vo.堤による「ベランダに捧げる曲」とのMCで始まった“far side”。「言いたいことの一つくらいできるかな」「いつかまたこの場所で会おう」という詩は、ベランダ、color chordとともにツアーを廻ってきたことを聞き手にも感慨深くさせ、Vo.堤の優しくも叫ぶような歌声と歌詞のイメージをそのまま音にしているような楽器隊も相まって、フロアも大いに盛り上がった。そしてさっきまでとは違い一曲一曲では曲のストーリーとは関係がないよいうに思えたライブペイント。しかし本編が終わってみたらAmia Calvaという「魚」のそして「バンド」という作品全体を描いていたことがわかった。曲が終わっても鳴り止まない拍手にアンコールで応えるのだった。

 

 

 

160904_other-46

 

今回のイベントは、ライブペイントが演奏と並行して行われたのもあってかなり新鮮だった。それぞれの個性があるバンドに、ライブペイントは合っていたと思う。ベランダ、color chord、そしてAmia Calva。三組のバンドがツアーを回る最終日がここ京都、UrBANGUILDだったのはすごく良かったし、嬉しかった。さらに、京都で活躍するSIRMO STADと長谷川健一のような今まであまり聞いてこなかった音楽に触れ合えたのも新鮮だった。僕にとっても初めて見るアーティストと初めて見るライブペイントは音楽×即興芸術に対する興味を奮い立たせてくれたと感じる。もちろん、お客さんの目にもこの日は新鮮に見えて、忘れられない日になったと思う。

 

 

text:則松弘二

photo:岡安いつ美

 

 

★この日のすべての写真は以下のページでご覧ください

https://www.facebook.com/Amia-Calva-1537288133154991/photos/?tab=album&album_id=1778557989028003

 

 

最新記事